DAIKI

青天の霹靂のDAIKIのレビュー・感想・評価

青天の霹靂(2013年製作の映画)
3.8
本業でないにも関わらず、中々完成度が高い!という印象。
設定がそもそもぶっ飛んでいたがそこを気にさせないほど内容はしっかりしていたし、大泉洋と柴咲コウは本当に役にハマりきっている。
劇団ひとりもそこらよりも演技上手で、全体的に洒落ている作品に仕上げてて良かった。

最後のマジックの薔薇を引き寄せるシーンは完全にマジックの域を超えていて、シスのフォースかな?なんて思ったりして。笑

《同じカードは存在しない》
翌日には自分は元の場所に戻ることを悟ったうえで、母親に自分がどんな子だったかを教えるシーン本当に良かった。