メントール犬佐

LIFE!のメントール犬佐のレビュー・感想・評価

LIFE!(2013年製作の映画)
3.5
イケそうでイケないイケズな感じ。

序盤の妄想のシーンにあまりハマれなくて何だかな〜(追悼)と思っていたら、途中から段々と良くなってきたものの、スペース・オディティをバックにヘリコプターに飛び乗る中盤のシーンまでがピークで、そこから先があまりにもスケールを広げすぎたのか、イチ個人のライフとしてピンと来ないというか、そもそもコイツやっぱりイケメンだし能力もチート気味だし!っていう歯がゆさが常に付きまとったため、ラストもイケそうでイケなかった。もうちょっとだったんだけどなぁ。どうしてくれんの!?このモヤっとボール(伊東四朗に鉄球を投げつけながら)

ベン・スティラーって年を追うごとにイケメンになっていっていて、役柄の幅や説得力も増していると思うんですけど、この映画では監督に徹したほうがよかったのかも・・・何となく多芸感がありすぎるんじゃないかなと、この主人公の役には。それか序盤でもっと主人公を徹底的にクサしとくというかサエない感をもうちょっと盛っといてほしかったです。だからイケメンすぎるっつってんだよ!(号泣)

しかし脇の俳優陣のセレクトや使い方はさすがに絶妙で、その中でもやっぱりショーン・ペンが凄い。圧倒的存在感。出番も台詞も少ないのに、この映画の印象のほとんどもってっちゃう。

やっぱり痛いのは嫌だし、新しいことは不安だし、傷つくのも傷つけられるのも不快だし、だから足踏みしてしまって後悔だらけの人生だけれど、もしあの時、ほんの少しの勇気があれば。なんていう人にはきっと琴線に響くものがあると思います。旅なんてほとんどしたことないけど、いいなぁ、旅。