やっすん

LIFE!のやっすんのレビュー・感想・評価

LIFE!(2013年製作の映画)
4.0
おおきく2つの大好物なお話の要素があって、一生モノの映画となりました。

①キリスト的な、一回死んで生き返って英雄になる話。オデッセウス的な、往って還ってくる話。酔っ払いのヘリに飛び乗ったときに、妄想に生きる自分を捨てて生まれ変わり始めた。実際、あれ以降妄想シーンが無いよね? たしか。儀礼的な死を経てからのベン・スティラーの目の輝きが別人。。

②キルケゴールの「leap of faith (信じて跳べ)」、W・Hオーデンの「Leap Before You Look(見る前に跳べ)」的なお話。「怖いなあ、危ないなあ、きっとうまくいかないよ、、」とか部屋の中でごちゃごちゃ言ってないで、表でろ!体動かせ!やれよ!っていう。自分の人生を主人公として生きるためには、いつか飛ばなきゃならんのよ、だからさっさと飛べよっていうお話。