LIFE!の作品情報・感想・評価

LIFE!2013年製作の映画)

The Secret Life of Walter Mitty

上映日:2014年03月19日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲…

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲れるばかり。 そんなウォルターの身に大事件が起きる。最終号の表紙を飾る写真がどうしても見つからない。運悪く、撮影した写真家は世界を放浪しながら写真を送ってくるのが常で、今も世界のどこにいるのか判らない。はからずもウォルターは写真家に会うために現実の冒険をすることに…。

「LIFE!」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

5.0
いい映画が観たくなって再鑑賞。やはり良かった。

LIFE誌の写真管理部門で働く主人公ウォルターは地味で平凡でな男。日々同じことの繰り返しの人生の中で、アメコミアクション風の妄想と共に生きている。

そんな彼が働くLIFE誌の廃刊が決まり、ウォルターは最終号の表紙を飾る写真を任されるが、その写真のネガがどうしても見つからない。彼は意を決して、世界を放浪するその写真を撮影した写真家を探す旅に出る。

To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life.

地味で平凡なウォルターに訪れる人生の転機となる冒険。彼への仕事への情熱や責任感、人一倍深い愛情、そのぶれない芯が原動力となり、冒険を通じて彼が得ていく自分自身への自信や人生における大切な教訓。

すべてに共感と感動が止まらない。彼のように没頭できる仕事があることがうらやましく思えてくれる。旅先の美しさや映像の見せ方にも終始目を離せない、何度も観たいセンス光る作品。
swk

swkの感想・評価

2.0
映画館でみた。あまり響かなかった
ri

riの感想・評価

4.2
世界を旅してみたくなるーーーー特に北欧
景色がめっちゃきれい
ラストがめっちゃ好きで清々しい気持ちになれる
曲も好き
Chie

Chieの感想・評価

2.9
急に妄想の話になって、いちいち戦いだしたりするのおもろかった!笑
そして景色きれーだった*\(^o^)/*

ただ鑑賞中、何度も何度も何度もうたた寝。笑
映画のせいじゃなくて、疲れてたんだきっと、うん。
また元気な時に観よう。
映像の美しさ、選曲が良すぎるなという印象。
大切な写真を見つけるために、地の果てまで探しに行く。
壮大だし美しい、写真誌のスローガンから多くの人が動かされていくというのがとても好き。
ただ不可解なところも多く「なんでやねん」と突っ込んでしまうところがいくつかあった。映画なので主人公の妄想癖に呆れるが、ああいう人は現実ではかなり苦労するんだろうなと思った。
大人のヒューマンドラマだった。

序盤から半ばまでは ベン・スティラーだから最後まで観ていられるような内容に感じたはずだったのに、ラストにかけて 凄く良くて、エンドロールが流れる頃には胸がいっぱいになっていた。退屈に感じていた気持ちはどこへ?

旅をしたくなるという声が多いが、私はそうは思わなかった。それよりも 空想に明け暮れ、自分を押し込めて生きてきた後ろ向きな彼が、熱(仕事)を通じて変化していく姿に 最後に持ってかれた。

ベン・スティラーの目はハリウッド一綺麗だ。背が低いとか そんな事は関係ない。

ベンスティラーの真っ直ぐ澄んだ目を見るだけで、吸い込まれる。込み上げる感情さえ引き出す、それを作れる人。目で語れる人。

書きながらなんか泣けてきた…

ショーン・ペン登場までが長い。でも出てきてから、彼の放った言葉は胸に突き刺さる。 私も写真を撮るだけでなく、目で身体全体で 感じる事、人に見せる為ではなく 自分の心で味わう為に、もっと本質に戻らないとなぁなんて思った。
ちろ

ちろの感想・評価

-
何回でも見れる、人生単位で大事
>|