LIFE!の作品情報・感想・評価

LIFE!2013年製作の映画)

The Secret Life of Walter Mitty

上映日:2014年03月19日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲…

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲れるばかり。 そんなウォルターの身に大事件が起きる。最終号の表紙を飾る写真がどうしても見つからない。運悪く、撮影した写真家は世界を放浪しながら写真を送ってくるのが常で、今も世界のどこにいるのか判らない。はからずもウォルターは写真家に会うために現実の冒険をすることに…。

「LIFE!」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

5.0
いい映画が観たくなって再鑑賞。やはり良かった。

LIFE誌の写真管理部門で働く主人公ウォルターは地味で平凡でな男。日々同じことの繰り返しの人生の中で、アメコミアクション風の妄想と共に生きている。

そんな彼が働くLIFE誌の廃刊が決まり、ウォルターは最終号の表紙を飾る写真を任されるが、その写真のネガがどうしても見つからない。彼は意を決して、世界を放浪するその写真を撮影した写真家を探す旅に出る。

To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life.

地味で平凡なウォルターに訪れる人生の転機となる冒険。彼への仕事への情熱や責任感、人一倍深い愛情、そのぶれない芯が原動力となり、冒険を通じて彼が得ていく自分自身への自信や人生における大切な教訓。

すべてに共感と感動が止まらない。彼のように没頭できる仕事があることがうらやましく思えてくれる。旅先の美しさや映像の見せ方にも終始目を離せない、何度も観たいセンス光る作品。
岡村の吹き替えほんまないわ笑笑
しおり

しおりの感想・評価

3.8
映画館で観た。
一瞬一瞬を大事にして生きる、というメッセージが、強く刺さった。
風景の美しさも印象的。
tom

tomの感想・評価

4.2
やっと見れた。人生は冒険だし、今は一瞬のとても大切なもの。1度きりのLIFE素敵なものになりますように。
映画館でやってるの知ってたけど、結局DVDまで先延ばしになっちゃった作品。

主人公の芯が強いから勇気とか情熱とか希望も感じられる感じはあったけど、全体的に普通やった。

日常×白昼夢×現実冒険って感じの作品。
ベン・スティラーが良い
頭を使わず、難しく考えないでとりあえず観れば楽しいコメディタッチの映画。
正直、個人的には主人公の妄想シーンがくどくて辟易としたが、アイルランドでのシーンは、映像の美しさもさることながら主人公の開放感がリアルに伝わってくる様など、とても良いので、人生に疲れたら是非観て欲しい。
hiroka

hirokaの感想・評価

3.6
なによりきれいな景色。スケボで曲がりくねった道を滑るシーンは見てるこっちも爽快感でいっぱい。
>|