LIFE!の作品情報・感想・評価

LIFE!2013年製作の映画)

The Secret Life of Walter Mitty

上映日:2014年03月19日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲…

ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲れるばかり。 そんなウォルターの身に大事件が起きる。最終号の表紙を飾る写真がどうしても見つからない。運悪く、撮影した写真家は世界を放浪しながら写真を送ってくるのが常で、今も世界のどこにいるのか判らない。はからずもウォルターは写真家に会うために現実の冒険をすることに…。

「LIFE!」に投稿された感想・評価

渡

渡の感想・評価

4.0
兎にも角にも映像が美しい。
全体的にも青味がかった画面も好み
超現実なシーンもなかなか面白くて徐々にそれが現実になっていくところが良かった。極北の国に行きたいと思った。
吹き替えがなぜか関西弁
おまけにサウンドトラックも良いという
Joker

Jokerの感想・評価

4.2
ウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いている。長い歴史を持つこの雑誌も廃刊が決まり、最終号の準備に追われる日々。年がら年じゅうデスクでフィルムを相手にしているウォルターは、自分の人生が日々同じことの繰り返しだと感じている。そんな時、彼は空想の中に入り込む。その中では、横暴な上司と激しくバトルしたり、極地を旅する冒険家になったりと変幻自在。けれども現実に立ち返ると、空想とのギャップに疲れるばかり。 そんなウォルターの身に大事件が起きる。最終号の表紙を飾る写真がどうしても見つからない。運悪く、撮影した写真家は世界を放浪しながら写真を送ってくるのが常で、今も世界のどこにいるのか判らない。はからずもウォルターは写真家に会うために現実の冒険をすることに。
並木

並木の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後らへんの雪山のシーンを見て、山に登りたいと思った
都会から大自然に舞台を移すので、自然の雄大さみたいなものが自然と強調されてる
an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

みなさん、生きてますか?

これ見てんだから当たり前?

ホントに?ホントのホントに?(´ω`)
それはホントに『生きる』してる?

心は蝉時雨ぐらい煩いですか?
熱中症で死んじゃうぐらい熱い?

静けさで耳が痛くないですか?
キンキンに冷えちゃってない?

ウキウキワクワクは自分から出てる?
外部入力ばっか一方通行になってない?

いつだって目の前にはLIFEって名前の空白があって、私たちはなんだって好きなものを描いていい。描くだけなら自由だから。

そこに想像力ってペンで…こんなコトしたい!ってラフ画を描いてきたはず。

それがいつの間にか…インク切れのペンを手放して、描くことを忘れてませんか?

自分でLIFEを寂しくしてしまってない?
どれぐらいIFに飛び込んでない?

どれだけ質問を重ねるのかって?

思い浮かべてくれるまで(笑)

『想像』と『行動』で紡がれる物語。

現実ってもののダイナミックさ。
それを実感できないのは…つまんない。

私がライブを大好きなのは…
その実感を与えてくれるから(*´꒳`*)

燃えるような熱量、肌を突き刺す音量、人とぶつかる痛みや怖さ…それを感じられる瞬間は、不感症な時間の何十倍も生きてる感じがする。

『幽霊ネコ』にシャッターを切らなかった理由もきっと同じ。その『瞬間』がたまらなく愛おしいから…なんだと思う。

現実に向き合わなかったウォルター。
空想が埋めていた空白。
それを大迫力の現実が塗り替えていく…
小気味よい爽快感に溢れた作品。

飛び込むには勇気がいる。
実現には努力も必要になる。

可能性はたくさんある。
自分が何を掴み取るかは、自分次第。

現実はいつでも、目の前から降り注いでる。
それを思い出させてもらえる良作でした。
ば

ばの感想・評価

4.4
こんな人生送りたい👣
To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life.
2018/7/20
よしむ

よしむの感想・評価

5.0
2回目。旅に出る前にもう一度観ておきたいと思って。

ライフ誌のスローガンがとても素晴らしくて、心に沁みます。
ウォルターが旅を通してだんだん男らしくなっていくのがすごくかっこいいです。"空想"も含めて映像がおもしろかった。ただ、ケータイどこでも繋がるんかーいって笑

やっぱり好きな映画はBlu-ray買って何度も観直すべきですね〜
公開当時映画館で観てから心に刺さって定期的に観たくなる映画。

この映画を観るとやる気が出るし、本当に自分にとって大切な映画。

とにかく行動してみないと始まらない。

自分の人生の真髄(quintessence )は何だろうな。
ヤコ

ヤコの感想・評価

3.5
スケボーが上手い。

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンは何度見ても感激する。
sorablue

sorablueの感想・評価

4.0
生活してる中で大変だなと思った時に見るといい作品。壮大な音楽、映像美。
>|