峰不純子

渇き。の峰不純子のレビュー・感想・評価

渇き。(2013年製作の映画)
1.0
激しくカットが切り替わる凝った映像とキャッチーな音楽で、無惨で酷い話をポップなエンターテイメントにしちゃったよ!すごいだろ?と言わんばかりな監督らしい作風。

出てくる奴らがみんなクソばかり。誰にも感情移入もできず、事件の繋がりも、人の繋がりも説明不足というか駆け足で、話がよくわからないw

誰がなんなのか? 誰と誰がどうしたのか? みんな怒鳴り散らしたり、ヘラヘラ笑ってたり、血まみれだったり…話を語るのを放棄して、人物達の感情のぶつけ合いばかり…映像技法に走り過ぎてる感じして、見てて疲れる()´д`()

若い子たちの熱演も、テンポの早さで印象薄い感じで勿体無い…。

鑑賞後、ネットで調べて細かい話がやっと分かったw

ゴミみたいなヤサグレ役に役所広司をキャスティングしといて、自身も出演してる◯◯◯ハウスみたいなCMをチャカしたところは面白いと思う☆