mimocyan

渇き。のmimocyanのレビュー・感想・評価

渇き。(2013年製作の映画)
2.5
今年の年始頃に初観賞。
錯乱。でもこれは狂気じゃない。役所さんはギャップを狙ったキャスティングなんだろうけど、上滑りしてたよ。暴言を吐けばはくほど、暴れれば暴れるほど、普通の人に見えてしまう。なんていうか、ただ駄々をこねてるだけみたいだった。
にじみ出てくるものがちっともなくて、全部いらんとこまで見せてくるし、言ってくる。言わなくてもいいことを言っちゃう映画な気がする。
そのせいで結果的にやってることが、ステレオタイプで古くさいものに見えてしまう。
なんでなのか、みんなものすごくフィジカルが強くてはね飛ばされても、刺されても動ける人は動けるし、そうかと思えばあっという間に死んじゃう人は死んじゃう。中島監督は「告白」結構好きだったけど、これはちょっと…かな。
撮りたいようには撮ったけれど、作品としてはあまりに平坦。そんな印象。