ざわゾンビ

渇き。のざわゾンビのレビュー・感想・評価

渇き。(2013年製作の映画)
3.4
OPから結構ハードボイルドな感じで、アレ?こんな作品なん?!って思いつつも肩透かし食らったり、妻夫木君のキャラ、やっすいなぁーとか思ったり…

なんだかんだ観てる間はふーんとかボヤきつつも楽しんでたとは思うんですが、鑑賞後の定番、たばこタイムで物思いに耽りながら考えたところなーんも残ってなかったりで、きっとそういう、割とどうでもいい作品やったんかな、なんて。

チョーシ乗ったクソ女が物の見事にズタズタにされたのはほれみい!やったけど、僕の生きた証とか、クソ自己都合中二病男のオナニー殺人に付き合わせられたのはちょっと不憫でした。

登場人物誰にも感情移入できへんし、かといって、小松菜奈はじめ、キチガイじみた奴らにこいつらやべーな…感もなく、振り切れてねぇなぁってところです。
単純にこの作品の魅力に、僕の好みが合わんかっただけって話なんかな。