たん実

渇き。のたん実のレビュー・感想・評価

渇き。(2013年製作の映画)
3.2
渇き。


中島監督の作品は下妻物語を見てから
ずっと小さい頃に憧れてたお人形とか宝石箱とかキラキラしたものを覗いてはウキウキするような映画でした。

〈嫌われ松子の一生〉然り映像や演出に独創性のあるものだと思います


【渇き。】は序盤からずっと暗ーく深ーい雰囲気
血のり何リットル使ったんだってくらい暴力シーンのオンパレード
そして殴られる時の描写も中島さん風。独特でした。
〈告白〉あたりから最初に好きだった中島監督の作品とは少し離れていってしまってる気がして一時期見なくなってしまった時期もありました。

でもこの暗く重い雰囲気に中島監督のキラキラとしたカラフルな演出が映えること映えること!キャストの笑顔に怖さや気持ち悪さを引き立たせます。

途中気持ちが折れて見るのやめたくなる~けど、お洒落なんです。なんか見ちゃうんです。それもこれも途中のカーチェイス?とか殴られても殴られても娘を探す役所広司さんが何だか色気がありつつ、そのシーンで流れるBGMが渋くて何故かカッコよく見えてしまう。。。
特にオダギリさんと役所さんのあのシーンは渋さ同士のぶつかり合い!!笑

最初のオープニングからルパンのような渋さは「探偵物語」を観てるかのようでして!!
どことなく松田優作さんが出てくるんじゃないかと思わせる雰囲気でした(^^)笑


以上を踏まえまして、「来る」を映画館で拝みに行きたいと考えております。(笑)


ところで、最後まで娘を追って
役所さんの娘へのそこはかとない愛情を感じたけど!?そういう趣旨の映画ではなかったですか??笑