渇き。(2013年製作の映画)

上映日:2014年06月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:118分
    監督
    中島哲也
    脚本
    中島哲也
    門間宣裕
    唯野未歩子
    原作
    深町秋生
    キャスト
    役所広司
    小松菜奈
    妻夫木聡
    清水尋也
    二階堂ふみ
    橋本愛
    國村隼
    黒沢あすか
    青木崇高
    オダギリジョー
    中谷美紀
    森川葵
    高杉真宙
    あらすじ
    容姿端麗な優等生の娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に全てを残したまま失踪した。 元・妻の依頼でその行方を追うことを請け負った元父親・藤島昭和(役所広司)。 家族が破綻した原因が自分の性格や行動であることには一切目もくれず、自分の“家族”像を取り戻すことだけを夢想し、なりふり構わず娘の行方を調査する。 過去と現在の娘の交友関係や行動をたどりながらやがて、今まで知らなかった娘・加奈子の輪郭が徐々に浮かび上がっていく。 果たして父は娘を見つけ出し、あの頃夢見た“幸せな家族”を取り戻すことができるのだろうか?

    「渇き。」に投稿された感想・評価

    踊る猫
    4.2
    点数は高くなったがアラはある。話が分かりにくい。過去の事件と現在の事件が交互に語られるので、時としてどちらを描いているのか判断が難しいところがある。また、同監督の『告白』を観ても思ったことなのだけれど俳優がオーヴァーなリアクションしかしないところも引っ掛かる。ポップに撮っていることは認めるし、カメラワークも映像面での実験も過激なことは明らかなのだけれど、逆に言えば己の手法に淫しているとも感じられる。だから「受け容れられる人は受け容れられる」という、良くも悪くも観衆を選ぶ作品なのだろう。挑発的な姿勢は高く評価したいが、スローモーションやモノローグに頼った、つまり人物を(敢えて?)浅く/フラットに描いているところは疑問を抱かないでもない。暴力描写や殺人も生々しさを欠くが(私はそんなにグロいものが平気というわけでもないのだけれど、この作品は平然と観られた)、それもこの監督の持ち味なのかもしれないと思う。そこが悩ましい。
    まえ
    1.6
    根本的に映画として崩壊してる。
    ごちゃごちゃやればいいと思ってるなら間違い。妻夫木聡のキャラクター、でんぱ組、小松菜奈は良かった。全体的に滑ってる。
    相似
    3.8
    daokoと小松菜奈・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    tshotaka
    4.8
    この小松菜奈が一番好き
    内容の無い視覚的なバイオレンス映画。
    mel
    3.2
    小松菜奈がかわいい
    山尻
    3.3
    黒い小松菜奈チャンいいっすよね〜役所広司顔デカすぎ〜
    kai
    2.2
    うーん
    微妙な…
    g
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    パーティの演出とか、あーいうところにいる若者の混沌さとか狂気、若者の表現はおもしろかった。

    それ以外は、話入ってこないくらい嫌いな部分が多すぎ。笑

    とりあえずずっとキレてて行動矛盾だらけで生活音がすごくて意味不明な暴力をふるう、ただただ腹立つクズなおじさんが主人公だと観るのが苦痛、笑

    あと女の人の悲鳴混じりの怒声がもう耳障りでしょーがない。。。嫌いなタイプの邦画でしか聞いたことない音。

    もうこの二つが嫌すぎて、ストーリー覚えてない。

    あとそれしかないのかってくらい暴力シーンと人死にすぎ、

    たいした関連性もないのに宗教的な音楽とかカット入れてくるところとか、



    好きな人が見たら申し訳ないくらいのボロクソだけど

    でも高校生のパートのほうは話も普通に引き込まれてみれた。

    演者はやたら豪華。

    もともと期待はしてなくて小松菜奈ちゃん目当てだったけどそれに関しては期待通り。
    橋本愛と森川葵も出てて目の保養だった。
    血まみれで死んでたけど笑
    >|