ドクター・ストレンジ:1回目バナー

渇き。(2013年製作の映画)

上映日:2014年06月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:118分
    監督
    中島哲也
    脚本
    中島哲也
    門間宣裕
    唯野未歩子
    原作
    深町秋生
    キャスト
    役所広司
    小松菜奈
    妻夫木聡
    清水尋也
    二階堂ふみ
    橋本愛
    國村隼
    黒沢あすか
    青木崇高
    オダギリジョー
    中谷美紀
    森川葵
    高杉真宙
    あらすじ
    容姿端麗な優等生の娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に全てを残したまま失踪した。 元・妻の依頼でその行方を追うことを請け負った元父親・藤島昭和(役所広司)。 家族が破綻した原因が自分の性格や行動であることには一切目もくれず、自分の“家族”像を取り戻すことだけを夢想し、なりふり構わず娘の行方を調査する。 過去と現在の娘の交友関係や行動をたどりながらやがて、今まで知らなかった娘・加奈子の輪郭が徐々に浮かび上がっていく。 果たして父は娘を見つけ出し、あの頃夢見た“幸せな家族”を取り戻すことができるのだろうか?

    「渇き。」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/03/05
    4.2
    点数は高くなったがアラはある。話が分かりにくい。過去の事件と現在の事件が交互に語られるので、時としてどちらを描いているのか判断が難しいところがある。また、同監督の『告白』を観ても思ったことなのだけれど俳優がオーヴァーなリアクションしかしないところも引っ掛かる。ポップに撮っていることは認めるし、カメラワークも映像面での実験も過激なことは明らかなのだけれど、逆に言えば己の手法に淫しているとも感じられる。だから「受け容れられる人は受け容れられる」という、良くも悪くも観衆を選ぶ作品なのだろう。挑発的な姿勢は高く評価したいが、スローモーションやモノローグに頼った、つまり人物を(敢えて?)浅く/フラットに描いているところは疑問を抱かないでもない。暴力描写や殺人も生々しさを欠くが(私はそんなにグロいものが平気というわけでもないのだけれど、この作品は平然と観られた)、それもこの監督の持ち味なのかもしれないと思う。そこが悩ましい。
    kohey
    koheyの感想・レビュー
    1時間
    1.9
    邦画週間6作目。ん~非常に挑戦的な作品。一応の道筋はあるが、詰め込みたい(見せたい)要素が飽和状態。どことなく冷めた目で鑑賞。小松菜奈と狂気がお好みなら是非
    ぽねごん
    ぽねごんの感想・レビュー
    6時間
    3.7
    小松菜奈良い目してる。
    あまつぶ
    あまつぶの感想・レビュー
    1日
    -
    劇薬過ぎて、具合が悪くなって映画館を出てしまった。機会のあるときにまた観ようと思う。
    カリガリ亭ガリガリ
    カリガリ亭ガリガリの感想・レビュー
    2日
    5.0
    「ジェイムズ・エルロイとデヴィッド・リンチが共作したような和製ノワールとして絶賛にカウント。暴力的な編集は『ナチュラル・ボーン・キラーズ』を思い起こす。橋本愛の罵倒映画が観たいものです」
    Yui
    Yuiの感想・レビュー
    2日
    3.3
    まさに「劇薬」
    mj
    mjの感想・レビュー
    2日
    3.8
    みんなクレイジー。
    たむたむ
    たむたむの感想・レビュー
    2日
    -
    記録
    saki
    sakiの感想・レビュー
    2日
    -
    記録
    kuma1924
    kuma1924の感想・レビュー
    2日
    3.6
    ん、かわいい。
    >|