渇き。の作品情報・感想・評価

渇き。2013年製作の映画)

上映日:2014年06月27日

製作国:

上映時間:118分

3.0

あらすじ

容姿端麗な優等生の娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に全てを残したまま失踪した。 元・妻の依頼でその行方を追うことを請け負った元父親・藤島昭和(役所広司)。 家族が破綻した原因が自分の性格や行動であることには一切目もくれず、自分の“家族”像を取り戻すことだけを夢想し、なりふり構わず娘の行方を調査する。 過去と現在の娘の交友関係や行動をたどりながらやがて、今まで知らなかった娘・加奈子の輪郭が徐々に浮かび…

容姿端麗な優等生の娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に全てを残したまま失踪した。 元・妻の依頼でその行方を追うことを請け負った元父親・藤島昭和(役所広司)。 家族が破綻した原因が自分の性格や行動であることには一切目もくれず、自分の“家族”像を取り戻すことだけを夢想し、なりふり構わず娘の行方を調査する。 過去と現在の娘の交友関係や行動をたどりながらやがて、今まで知らなかった娘・加奈子の輪郭が徐々に浮かび上がっていく。 果たして父は娘を見つけ出し、あの頃夢見た“幸せな家族”を取り戻すことができるのだろうか?

「渇き。」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.2
点数は高くなったがアラはある。話が分かりにくい。過去の事件と現在の事件が交互に語られるので、時としてどちらを描いているのか判断が難しいところがある。また、同監督の『告白』を観ても思ったことなのだけれど俳優がオーヴァーなリアクションしかしないところも引っ掛かる。ポップに撮っていることは認めるし、カメラワークも映像面での実験も過激なことは明らかなのだけれど、逆に言えば己の手法に淫しているとも感じられる。だから「受け容れられる人は受け容れられる」という、良くも悪くも観衆を選ぶ作品なのだろう。挑発的な姿勢は高く評価したいが、スローモーションやモノローグに頼った、つまり人物を(敢えて?)浅く/フラットに描いているところは疑問を抱かないでもない。暴力描写や殺人も生々しさを欠くが(私はそんなにグロいものが平気というわけでもないのだけれど、この作品は平然と観られた)、それもこの監督の持ち味なのかもしれないと思う。そこが悩ましい。
in4bar

in4barの感想・評価

2.8
役者の無駄使い
ゆふ

ゆふの感想・評価

-
小松菜奈ちゃん、破壊神が似合う。役所広司全然死なない。
ミキ

ミキの感想・評価

2.5
なぜこれを当時学生に割引料金で公開してたのか理解できない。だから見たっていうのもあるけどところどころショッキングだったし終わり方あんまり好きじゃなかった。けどDAOKOを知るきっかけになったのでそこだけは本当に見てよかったと思ってる。
Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

4.4
全体的に狂ってる感じが好き
胸くそ悪い
可愛いってすごいな。小松菜奈だからこそ出来た狂気の役だと思います。

途中からは辛すぎて辞めようかとも思いましたが最後まで見ました
k

kの感想・評価

2.5
途中気持ち悪くなったけど結局全部見てしまった。小松菜奈を初めて知った作品。
可愛いの暴力。
>|