渇き。の作品情報・感想・評価

渇き。2013年製作の映画)

上映日:2014年06月27日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.1

あらすじ

「渇き。」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

_
<title:渇き。>
_
<気になった台詞>
「愛してる」
「親なら責任持って、てめえのガキをぶっ殺せ。」
「返してよ!まともだったあの子を」
「まともってなに?」
「ちゃんと見てる?見て触って、どこが膨らんでてどこに穴が空いてるか。感じてくれない、寂しい」
「わからないでしょう、あなたにはそういう人間の気持ちが。ここもここも全部からっぽだから」
_
<好きなシーンや色や音声>
・パーティシーンの美しさ
・それぞれSEやBGMの立体感
・雪の中掘っていくという表現描写
_______________________________________
<じぶんの感覚・考えが着地したこと>
・界隈箱仲間ノリの馴れ合いからの殺し合い
・孤独と自分と向き合わず生き抜く薄っぺらさ ・茶番の親子関係…超ウケる。
ここまで目まぐるしい映画もそうそうないです。
小松菜奈、妻夫木聡、そして二階堂ふみ、怪演ぷりが凄いです
役所さんの暴力とクズっぷりには圧巻です
トキタ

トキタの感想・評価

3.2
なんといってもスウィートメモリーズ
いろいろ忙しい
原作を文字でじっくり読むなら評価は全然違ったと思う
これはこれで面白いけど

細かい設定が省かれててよくわからないところが多かったけど、悪魔的な魅力を持つ藤島加奈子がいろんな歯車を狂わせる感じ

加奈子は緒方が自殺する前から悪魔だったのかな〜
緒方の自殺が引き金で悪魔になったのだとしたら切ない

小松菜奈の不思議な魅力が合っててずっと見ていたくなった
侑菜

侑菜の感想・評価

3.3
「愛する娘は、バケモノでした」

品行方正だった娘・加奈子が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島昭和。
自身の性格や言動で家族をバラバラにした彼は、そうした過去には目もくれずに自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になって娘の足取りを調べていく。
交友関係や行動を丹念にたどるに従って浮き上がる、加奈子の知られざる素顔に驚きを覚える藤島。
やがて、ある手掛かりをつかむが、それと同時に思わぬ事件に直面することになる。

ほぼほぼみんな狂ってる。
あお

あおの感想・評価

3.0
小松菜奈が可愛いくて妻夫木聡の役の雰囲気が好きでした☺️
内容は時間の流れがよく分からなくて微妙だった。
nakaimai

nakaimaiの感想・評価

1.6
内容にはついていけなかった。
おそらく原作をはしょりまくった
AKIRA現象がおきている
こまつななのと役所広司とオダジョーで保たれてる作品
>|