kuu

ファイアbyルブタンのkuuのレビュー・感想・評価

ファイアbyルブタン(2012年製作の映画)
4.0
レッド・ソール深紅の靴底! ラグジュアリーシューズ御三家ブランド『クリスチャン・ルブタン』。なるほど!そのクリスチャン・ルブタンが演出を手がけフランス・パリにあるナイトクラブ『クレイジーホース・パリ』で80日間だけ上演された演目『FIRE』を、スクリーン用に撮りおろして映像化のがこれ。ちゃうなぁ!なら、大阪の十三ミュージック(今でもあるのかは分からないけど、中学生の時に初めて入って衝撃を受けた)もルブタンの靴を履いた女性たちの美を様々な角度から捉え演出してほしい、その方も別の意味で見たいかな、この作品は、ルブタンの世界を艶めかしく妖しげに表現してる!芸術的なショーを上演し、多くの人々を魅了し続けとる、この『クレイジーホース』から刺激を受け、って、要はエロい心を掻き立てられて、デザイナーのクリスチャン・ルブタンエロいオヤジはシューズデザインを開始。ほんで、彼は『クレイジーホース』のショー演出を手がけることになったん。美しさを誇る女性たちにクリスチャン・ルブタンの靴と煽情的な映像を纏わせとんのは、やはり一味ちゃうなぁと感心するエロ芸術!さらにデヴィッド・リンチ監督の手がける妖しい音楽が美と官能を深めよる。クリスチャン・ルブタンの美学が結集した演目『FIRE』は、たった80日間だけの上演だったらしいけど、世界を熱狂させたそうっす。この『FIRE』をスクリーン用に撮影。臨場感たっぷりに映し出しとんのがこれ!十三ミュージックも誰かエロ芸術に変えてくれへんかなぁ