Tig

ブロークン・シティのTigのレビュー・感想・評価

ブロークン・シティ(2013年製作の映画)
3.0
只の浮気調査から一転して闇の深い事件に巻き込まれていく男の話、社会派サスペンス。スリリングな展開に退屈せずに観る事が出来ましたが、男女の色恋についての描写や結末が救いがなくてやり切れない気持ちになりました。また、個人的には政治腐敗の描写の一部が、実際起こり得そうな腐敗のイメージの度を超えているように見受けられてちょっとリアリティに欠ける気がしました。汚職、腐敗、色々あるとは思うんですけど、少々大胆すぎないかと。舞台が70年代とかだったら、あり得そうなんですが。あと警官による黒人青年の射殺をトピックとして放りこむ必要があったのかはちょっと疑問です。
でも理屈抜きに脛に傷持つ探偵ビリーが奮闘する姿を、観ている内に応援したくなりました。
マーク・ウォールバーグ!