daiki

愛の渦のdaikiのレビュー・感想・評価

愛の渦(2013年製作の映画)
3.8
はい!序盤のぎこちないあの感じがいい!

新井浩文さんは私の好きな俳優の1人ですが、あんなことになり、prime上でも消される新井浩文恐慌を懸念し、急ぎ鑑賞。

皆さんのレビュー拝見してましたが、たしかにそんなにエロくないです。

ただ、あの合コンでもないようなあの序盤のぎこちない感じ、そんな中凸する新井パイセンがいい感じなんですけど、1回やり終わった後またぎこちない感じに。

そんな中満州事変が「そういう話しませんか」というフリから「へん、、たいですよ」「すいません、僕も変態です」という謎のカミングアウトが続出するシーンはワロタ。ここからみんなで盛り上がるから、本当にエロというか下ネタは地球を救えるんじゃないかなと思ってしまう。

終盤に出てくる柄本時生の気持ち悪さとウォーンウォーンというメガザルロックの登場、残り1時間半くらいでSSランクのモンスターを送り込んでくるあたりがまたツボw

最後に池松壮亮と麦ちゃんの関係性なんですが、私はあの終わり方は嫌いじゃない。

「あそこにいたのは私じゃない」という麦ちゃんに対して「あそこにいたのは僕自身だと思います」と返す池松壮亮が切なくもなんか一歩成長してる感がすごく良かったです。