愛の渦の作品情報・感想・評価

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.2

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

1.0
邦画はいろんな意味で生々しすぎて苦手
in4bar

in4barの感想・評価

3.9
好みの作品
なる

なるの感想・評価

-
ザリガニの腐った匂い
keiko

keikoの感想・評価

2.0
うーん...
門脇麦ちゃん目当てで鑑賞。
麦ちゃんやっぱり好き。
保母さんみたいな常に苦笑いな人っているな〜って思った。
窪塚洋介かっこいい。
ラストは切ない。
Naareesan

Naareesanの感想・評価

4.0
BS放送にて。
窪塚くんが映画を締めくくる、使用済みコンドームと、携帯の写メの生まれたての赤ちゃん。「監督、この映画とても良かったです」と云いたい。下心を持って鑑賞するのは失礼に値する良作です!

乱行パーティーでの、参加者の打ち解け度の人間模様だとか、途中参加のカップルのスワッピングにおいては、興味本位で来たわりには、恋人が他の男に抱かれているのはやはり許せないっていう彼女に対する愛情を再確認したり。勿論スワッピングが原因で破局へ繋がるカップルもいるだろう。

池松ペアの行く先が作品のキーになるわけだが、まさかの展開。この乱行パーティーがきっかけで恋したんだなーっていう第一考察は幼稚すぎた。お酒の場において「シラフが素の自分なのか」「泥酔した時が本当の自分なのか」って議論になるが、乱行パーティーにおいて当てはめて考えるとゾワッとしないか。あの時の自分って本当の自分なのだろうかと問うことになる池松ペア。女の「良かったですね」もよ〜く考えると強烈にぐさっとくる台詞である。
魂コシ

魂コシの感想・評価

3.8
なんか観ていて気持ちがものすごく苦しくなる。

人間の心の醜さとか、不器用さとか、コミュ力の弱さとか…

やっぱり「愛」と「性欲」は別物なのかな…?

最後、日が昇り、店から街に出て、日常に戻っていく感じがなんか好き
門脇麦が、全裸で挑んだ作品という部分に興味があってTSUTAYAでレンタル。

先入観で“ただやるだけ”の映画なのかな?と思っていたらまったく違っていて予想外の展開で凄く面白かった。人間の表と裏、本音と建前が乱交パーティーを通してわかりやすく描かれており、愛が込もっていて丁寧に作られた作品だった。

こんな切り口で映画を作るってスゴい!

セックスが目的でみんな集まってくるんだけれど、社交辞令的な会話から始まる。それがなんとも滑稽で…。でも当事者になったらそうなるのかも?時間とともに場の雰囲氣が変わり人を傷つけるような本音も飛び出してくるんだけれど、酷いなと思いつつも我が身を振り返り痛い。

人間の本音と建前を映画を通してわかりやすくみせてもらったような氣分で爽快!
よじろ

よじろの感想・評価

3.5
エロを軸に人間心理をうまく表現していて、思ってたよりは面白かった。
乱行パーティ
男性2万円 女性千円 カップル5千円
もはやシュールでした。
こういう人いそうだわってのが多くてそこは楽しました
>|