愛の渦の作品情報・感想・評価

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

1.0
邦画はいろんな意味で生々しすぎて苦手
ありさ

ありさの感想・評価

3.0

人間らしさがめちゃくちゃ出てるなあって思いました。
いやもういいから服着てwww
途中から何見せられてるのかわからんけど、とにかく麦ちゃんの演技力がすごいのかもしれない。
門脇麦ってなんかいい
Emy

Emyの感想・評価

3.4
思っていたより全然悪くなかった◎ 麦ちゃんも池松くんも絶妙。いや、キャスティング全体的に絶妙。
み

みの感想・評価

1.2
なんだろ?孤独な現代人たちが特異な場で出会ったときの不思議な関係性?とか、裸になるとつい本音が?とか、性の向こうに生が?とかテーマよくわからんかったですけど、最後に窪塚さんの言った
「ここには、そんな意味ありげでかっけえこと、ないっすから」
がこの映画のすべてかもしれない

池松くんは無職の男が似合うなあ!
カシコ

カシコの感想・評価

2.0
【過去記録】
Mat

Matの感想・評価

4.6
2回目。
麦ちゃんの目。というかキャストの目線と呼吸がよき。
語彙力が無いから、とにかく良いので観てくださいとしか言えない
一人一人の掘り下げがあったらきっともっと見応えあるんだけど、一夜限りのサークルならこれくらい謎が残ってる方が丁度いいのかな
言葉の1つ1つが綿密に練られた計画の末に成り立った作品。一人一人の言葉の間の取り方だとかその場の雰囲気が彼らの表情から感じ取れる。ただ性としてしか相手を見てないだけじゃなかったのがとても良かった。
デブ童貞の成長は笑う
>|