愛の渦の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

ぴら

ぴらの感想・評価

3.0
会話がどろどろしてて
最後のシーンが良い。切ない。
青

青の感想・評価

3.0
門脇麦ちゃん繊細で良い演技でした
こんなにも
2時間を通して
エロティックでありながら
純愛を感じたのはこの映画が初。

キャストが有名な方が多いので
爽やかに観れた気がする。
RYO

RYOの感想・評価

3.0

欲以外を剃り落としたような映画

露骨すぎるほど性を感じたし、人間のリアルだけを見せる映画。


最後の現実に引き戻される雰囲気も良かった
水の街

水の街の感想・評価

3.9
性欲をお金で買うと、口直しに虚しさが付いてくる。扉の向こう、聞きなれないインターホン。強張る身体がぎこちなく、生き地獄。開き直って、乱れ交わり、剥き出る人間。行き詰まったところで、AM3:30爆弾投下、から大円団、謎の一体感。そして朝の現実。供給側にいる窪塚洋介が醸し出す雰囲気が、冒頭の電話から素晴らしい。
Saki

Sakiの感想・評価

1.0
結果窪塚が1番やりたくない?っていう映画
カヨ

カヨの感想・評価

3.5
麦ちゃん。
marina

marinaの感想・評価

3.5

みんな裸なのに、
良い意味でエロさを感じない。
それよりも、人間ドラマという感じが
強くて、純粋に面白いなと思った。

ラスト、カーテンが開いて光が射し込む
瞬間、テレビがつく瞬間、みんなが
着替えをし始めた瞬間、
現実に切り替わる感じがすごかった。
あの店での出来事は、非現実であって、
そこで出会った人とは現実で
交わることはない。
それは当たり前のことのようで、少し
切なかった。
終わり方は、何故かスッキリする。
夏

夏の感想・評価

2.6

ひたすらヤるだけ120分

こんな世界、想像もつかないけど
どこかリアルで生々しい

喫茶店のシーンは心が痛むよ
なんだかんだ男と女だもんね
ただやっぱりどこかリアルだった

池松壮亮エロすぎ
窪塚洋介さすがすぎ
新井浩文の変態具合キモすぎ
【2017/153】
ぴよ

ぴよの感想・評価

3.5
全てにおいて不可解。笑
違和感ばかり。
おそらくそれがよさでもあるのかも。

下ネタとやってるシーンが8割5分くらい。
そこだけはすごくリアルだった気がする。

見せるとこ全て見せてるのに
陽の光を浴びて背を向け合いながら着替えるところなんか、
なんか現実に引き戻されて、
かつ完璧なまでの他人に戻ろうとする互いの意思が見える気がする。
だからこそ、麦ちゃんもあぁしたんだろうと。
やはり男は情が入るのか…笑

おデブさんがなかなかやりおる。

ベッド4つ同じ空間に置かれてるのが映った時の
変なドキドキ。
見てるこっちも恥ずかしくなる感じ。