愛の渦の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

ユウ

ユウの感想・評価

2.2
池松君の声が好きなら物足りないかなぁ。
おもち

おもちの感想・評価

3.5

「こういう人いるいる〜」というのが多くて結構面白かった!

微妙な沈黙や誰かが話を切り出したときの空気感とか人間関係のあれやこれが絶妙でよかった。

女子大生はちょっと陰きゃすぎたけど。。
やん

やんの感想・評価

-
劇場で一回

Netflixで再見


1回目はすごく衝撃をうけたが、
2回目、言葉じゃなく演技でもっと感じたかったなぁと思った
うめ

うめの感想・評価

3.2
池松くんの色気が…。
最初は、遠慮しながら参加してたのに、だんだんと慣れてくる感じがリアル。
さ

さの感想・評価

3.5
記録
eri

eriの感想・評価

3.0
最後、
番号消してください。
ってくだり、
なんか感慨深いとゆーか、
そうなのねと。
池松くんの気持ちの方がわかるかも。

池松壮亮は色気あるな。
さき

さきの感想・評価

4.0
公開当時、たしか19歳くらいで、R18はとっくに観られる年齢ではあって、池松くんだし、観に行きたいなぁって思って劇場の前までは行ったんだよね。だけど、自動券売機じゃなかったからカウンターでチケット買わなきゃで恥ずかしくなっちゃって違う映画を観た、っていう私にも少なからずあった可愛い時代を思い出しながら観ました笑

思っていたよりもエロさ全開というよりも、身体も心も剥き出しで、あんなに密室で8人しかいないのに、なんだか社会の縮図をみているかのような感じ。人ってかなり一瞬にしてマウントして、すぐにカーストつくって、見えない上下関係を創り出す。序盤に4・2・2になっちゃうところとか辛かった。だけど、この映画の面白いところはそこにSEXが絡んでくること。身体をむき出しにして、付き合わせて、スケベだって言い合って、、、彼らは気持ち良さと共に"何か"あそこでないと得られないものを得られてる気がした。

スケベって言葉、どんなエロい言葉よりもなんだか破廉恥だったな。
クマ

クマの感想・評価

4.5
想像を超えてリアル。生々しくて、現場にいるような感覚と胸をえぐられた感覚が残った。

一通りの感情は感じたが、一貫して切なさがある。特に、自分の本心に気づいているものの、それを表出させる恐怖と溺れる快楽に引き裂かれそうな麦さんが切ない。

人間ドラマでした。
r

rの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

軽い気持ちで観たらすごかった
気まずさが絶妙
ラストくっつかないところが良かった
窪塚かっこいい