愛の渦の作品情報・感想・評価

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.2

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

のらち

のらちの感想・評価

2.5


そこまで面白くなかった。(笑)
思った映画となんか違ったし
もっと嫉妬とか喧嘩とか
して欲しかったなあ。(笑)


なかなかあっさりしてました。



__
見ちゃった、Amazonプライムって便利ですね(笑)。
エロいというか、なんというか、人間だもの、みんな何かしらそういうところはある訳で、そこをぎゅーっとぎゅーっと、一晩にこういうスタイルで凝縮したというのは凄い。門脇麦が妙にエロいです、池脇千鶴と似た、綺麗ではないエロさ、と言ったら失礼か。艶かしい、どこか背徳感のある感じが、不思議な魅力。
男性陣は皆そこそこハマり役。
haskey

haskeyの感想・評価

3.5
全編通して、7割くらい画面が肌色。
三浦大輔の人の映し方というか、映像感?が割とすき。

池松くんの背中がかっこいい!
希

希の感想・評価

2.9
繰り返し観たいとは思わないけど、結構好き
人間模様をこのようなテーマで描くとは

一つの部屋に集まった男女
目的はセックスをすること
サラリーマン、大学生、フリーター、OL、保母さんなど様々な人間が集まります

ほとんどが一室で行われる会話劇です
役者さんたちの演技だけでほぼ構成されてます
会話で魅せてきてます
序盤はお互いに探り探りしつつ、
中盤から人間模様が一気に展開していくのでなかなか面白かったです

いろんな愛の形を持った人たちが集まってるというべきか

主演は門脇麦と池松壮亮
共演に新井浩文、滝藤賢一、田中哲司などなど
新井浩文演じるフリーターのお兄さんがいいわ〜
ひ

ひの感想・評価

-
池松と窪塚。実際にもこんな人がいてるんだろうなっていう生々しさ
最高でした
こだま

こだまの感想・評価

4.0
途中までは何みてんだろと思ったけど、最後の方は意外と深いなーと思うとこもあっておもしろかった。
有名な女優、俳優の裸が見れんのか!という不純な理由で見始めた今作。

なかなか可愛い女の子もいて、結構かわいい女の子に関してはテンション上がりました。

あとは、普通の映画、もう裸が出てきたからと言って勃起したり興奮するようなことはないので、そこに関しては穏やかに見てましたw

結構リアルでしたが、みんなぎこちなさ過ぎて、こんなにぎこちないことあるー?って1人で声出して笑ってましたww

そんなこんなで、けっこうユニークな作品でした。カップルでは見れないなあとか最初は思っていましたが、全然見れますw

普通に面白い作品でした。

なお、おっぱいが大量にでてきます。あらかじめご了承下さい。
>|