愛の渦の作品情報・感想・評価

愛の渦2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

「愛の渦」に投稿された感想・評価

ありさ

ありさの感想・評価

2.2
役者さんがすごい。が、内容はうーん。
夏茄子

夏茄子の感想・評価

1.0
ずっと見たかったけど、期待してたのと違うな〜〜って
AyakaSeki

AyakaSekiの感想・評価

4.0
確かに服着てない時間長いけど、エロさはなくてギャグ映画でした笑
会話の方がある意味やばい
2017/10/21 Amazonプライム
Sho

Shoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

何だか割と苦手目だった、
mipocof

mipocofの感想・評価

-
池松壮亮。門脇麦、新井浩文。
やっと見た。役者さんてすごい。
たけた

たけたの感想・評価

3.0
怖いもの見たさ&役者ってすごい
ayumi

ayumiの感想・評価

3.9
池松壮亮主演ということで

「恋の渦」「裏切りの街」は見ていたんだけど三浦大輔監督作品とは知らずに見た

内容よく知らなかったので見始めてドン引き

それこそ冒頭の門脇麦状態

見ようか止めようか思いながら見た

池松壮亮、門脇麦、滝藤賢一、新井浩文、中村映里子、駒木根隆介、三津谷葉子、赤堀セリ…8人による裏風俗としての6時間の乱行パーティ

交合シーンの加減がちょうどいい

見せものに走らず、かといって出し惜しみもせず

本質はそこにはなくて、三浦大輔作品らしい会話劇

少なくともよい意味で交合シーンより会話のほうがいやらしい

8人に加えて主催者側の田中哲司、窪塚洋介、全員の熱量の高いパフォーマンスが見事

池松壮亮、門脇麦が主役扱いでパーティ前後のくだりがあるぶん出番もやや長いけれど、計ったように10人のウェイトがほぼ均等

「恋の渦」に似た群像劇といってよい作り

テーマはそれぞれが抱え込めばいいとして、ある本質を的確に抉っている良作

まあ、それっぽくいえばGスポットなのかポルチオなのか確実に探り当ててるというか…

熱く気だるく夜が明けて、カーテンが開け放たれ、TVでは天気予報、運勢占い

なんとも言えない余韻

こんな感じでデビューしたて、まだ二人組のSuperflyはじめて見たなと懐かしく…笑(たしかテレ東歌う天気予報で『マニフェスト』)

窪塚洋介、いいなー

みんな持ってったx83% てところ(他のみんなが負けてなかったので)
>|