愛の渦(2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:123分
    監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    キャスト
    池松壮亮
    門脇麦
    新井浩文
    滝藤賢一
    駒木根隆介
    柄本時生
    三津谷葉子
    中村映里子
    赤堀セリ
    信江勇
    田中哲司
    窪塚洋介
    あらすじ
    午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差...渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

    「愛の渦」に投稿された感想・評価

    BGMが独特。
    音量調整が大変。
    池松壮亮はいつみてもこんな感じの役やけど安定感。
    面白いと感じるところがあまり無かった。好みの子がいたらまた変わってたかもしれない
    寝る前に見たらもやもやして眠れなくなった

    このレビューはネタバレを含みます

    まず全体の感想を言うと、思っていたような映画ではなかった。
    もう少し人物の内面に迫るようなシーンなどがそれぞれ用意されているかと思いきやけっこう表面的な内容。
    結論を言うと観るのがきつい映画でした。

    冒頭の都会のイメージは薄汚さなどがなくて、
    乱交サークルという特殊な風俗だけど不潔さは感じさせないようにしているなと思った。
    麦ちゃんが面接しているシーンは圧迫面接みたいですごい緊張した。
    田中哲司怖すぎ。

    前半の実際にセックスに至るまでの過程は、
    面識がない人同士で集まった合コンみたいな気まずさが気持ち悪い。
    特殊な状況下だけど、みんなわかっってて来てるんだし、
    全員童貞かよと思ってしまった。実際童貞はいたわけですが。

    滝藤さんの四つん這いで移動する様子が気持ち悪いけど、あれはわざとそういう演出にしたんだろうと思う。
    裸って言っても結局タオル一枚巻いてたらそこまで気にならない。
    巨乳のかわいいOLはかわいいだけじゃなくて性格もいいんだなと思って好感を持った。

    グダグダしてる時間が長い。
    セックスをしているシーンも別段色っぽい描写を心がけた風でもないので特に何も思わなかった。
    結局やりたい相手を選んだりする時点で恋愛とそんなに変わらない気もする。
    良かったことと言えば童貞の人が卒業して成長したことくらいか。

    最終的に池松くんは麦ちゃんに振られるような形で終わっているが、
    結局ニートには戻る場所がなく、学生である麦ちゃんには戻る日常があるということなんだろうと思うと非常に重いラストであったと思う。"
    2時間延々とそういうシーンを観せられた感じ、終わりで発展してたら耐えられなかったな〜
    なんかリアルで自分がこの中にいたら誰とやりたいか真剣に考えさせられる映画だった(笑)
    あんまおもんない
    >|