1SSEI

サカサマのパテマの1SSEIのレビュー・感想・評価

サカサマのパテマ(2012年製作の映画)
3.5
まずはじめに、
この映画、全部サカサマです

地下世界で生活する少女パテマ。
地上で生活する少年エイジ。
二人は出会い、親交を深めるが大きな問題があった。

それはそれぞれにかかる重力の向きが違うこと

つまりですね、

◯ 地上
/|\
/ \
ーーーーーー地面ーーーーーー
\ /
\|/
◯ 地下

こういうこと。
天井が床で床が天井になるのです

過去に重力からエネルギーを取り出す実験が失敗し、人類の数多くは重力が反転し空へと落ちていってしまう。
数少ない生き残りはその過ちを繰り返さぬよう、規律で全てを制御する小国家アイガを建国。

一方、重力が反転している人々は地下世界でひっそりと暮らしていた

設定がとても面白い‼︎
この世界観はもちろんのこと、
重力が反転している二人が手を繋げば重さが相殺されるため体が軽くなり空が跳べるとか、
細かいとこまで練られてます

あと空怖い…
サカサマ人のパテマからすれば、空は底のない奈落ですから…
その表現は高所恐怖症の方は結構ヤバいとこもあったりするかもしれません

それと、カメラが180°回転してさっきまでサカサマだった側が普通に見えるという視点の転換も凄くいい‼︎

しかし話の大筋は面白いのですが、中だるみ感は否めません

やっぱり、風景があまり変化せずに似たような場所で話が続くのが大きいのかな。
空と芝生は綺麗ですけど、長時間見ると流石に飽きます

ただ、この映画、最初にいった通り、もっと根本的にサカサマ

このサカサマが「やや駄作」だった評価を「割と良作」へとサカサマにしました

いったい何がサカサマなのかは、見ろとしか言えませんね笑笑

興味ある方は是非