EnoTaka

ラストエンペラーのEnoTakaのレビュー・感想・評価

ラストエンペラー(1987年製作の映画)
4.5
やっと見れた。ずっと見たかった作品。すごかった。ストーリーは、最後の皇帝となった愛新覚羅溥儀の生涯を描いたもの。壮大すぎる物語だった。中国の歴史はほとんど知らないからなかなか内容を全て理解するのは難しかったけど、すごく興味深いし面白かった。迫力ある印象的なシーンがいくつもあった。紫禁城、豪華で立派で広くてすごかった。絶対一回は行ってみたい。そして目当てでもあった音楽。これは坂本龍一がアカデミー賞を取った作品でもある。本当に彼の音楽は素晴らしい。レベルが違う。映画として全てのクオリティが高かった。名作。