ラストエンペラーの作品情報・感想・評価

ラストエンペラー1987年製作の映画)

THE LAST EMPEROR

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.7

「ラストエンペラー」に投稿された感想・評価

マ

マの感想・評価

4.0
長いし歴史映画とか伝記映画とかあんまり好きじゃなかったのでそんなに期待してなかったけど、かなり面白かった 今日は遅いから1時間だけ観ようと思って結局3分の2くらい観て我に返った

情緒不安定で、皇帝という地位への執着、自分は皇帝であるという意識やプライドが強かった溥儀が、所長を助けようとしたり「庭師だ」と名乗ったりするようになる変化、儚く美しい 正に激動の人生

ラストまであまりにリアリティが有りすぎて急にファンタジックな終わり方されたのでいささか驚いてしまったけど、あのラストだから深みが増すんだろうな〜とも思う

甘粕が(というか坂本龍一が)妙に色っぽくて胸キュン()してしまいました、音楽と顔の演技が良い

色彩が好き

ヨボヨボになったりゲソゲソになったりイキイキになったり、ジョン・ローンの演技が好き

西太后がチョコボールみたいなの詰められて死ぬとことか皇后が帰ってくるとことか、衝撃すぎて口開けてポカンとしてしまった

終戦からが怒涛すぎて後半化粧しながら観て超後悔、また観よう
チャロ

チャロの感想・評価

3.8
すげぇーー!!✨✨✨

歴史苦手だから所々はてなだったけど笑
スケールのかなり大きい映画だということはわかった

そして年齢ごとに出てくる皇帝がイケメン

ちょこちょこ行動とか動作が不気味で気持ち悪っってなるのは意図されてるのだろうか、、
それもプラス効果で見終わった後も脳に残る。


いろんな意味で初めて観る映画だった🎞
なんか50人分ぐらいの一生。
ごはん

ごはんの感想・評価

3.5
音楽が最高。籠のなかの鳥だけど最初の籠めっちゃ広い。
麦

麦の感想・評価

3.8
壮絶としか言えない人生。
溥儀に本当に幸せな時ってあったのだろうか…

このレビューはネタバレを含みます

清王朝 最後の皇帝溥儀の激動の人生を描いた作品。
3歳で即位してから亡くなるまで、こんなにも波乱万丈な人生を歩んだ人はいるんだろうか??

溥儀の人生を、実際の紫禁城での撮影・19000人のキャスト・ジョンローンの好演・ビットリオストラードの撮影・坂本龍一の音楽で、圧倒的スケールで映画2時間半に収めていた。

【好きだったポイント】
■坂本龍一が俳優やってることに驚き。非常な日本将校役でカッコ良かった〜。
■ピーターオトウェールの家庭教師。the英国紳士。映画補正があるかもしれんけど、彼の存在が溥儀を救った部分は計り知れないと思う。
■監獄の所長。立場は違えど、溥儀と少しずつ心通わせていく。作品終盤、紅衛兵に囚われてしまう。溥儀だけでなく、周りの皆も激動の時代に巻き込まれていたんだなと。。

【時代移り変わり】
清王朝末期→中国共和制→満州国建国→日本傀儡国→戦犯監獄→中国共産
yukako

yukakoの感想・評価

4.7
パリの名画座Le Champoにて。フランスの映画館で清王朝の最期を見るという不思議。そう遠くない歴史、手を伸ばせばそこにいる人々。時代は巡り巡って、中国人やアメリカ人やフランス人と共にこの映画を見ている事は凄い奇跡だと思わずにいられない。かつては殺し合い滅しあった民族がその話を見て一緒に感動出来るんだもんな。
とても長い映画だけど、退屈せずに観れた。
清王朝最後の皇帝として非常に有名な、愛新覚羅溥儀の生涯を綴ったこの作品、当時の紫禁城の色彩や、若干3歳で即位した彼の生活、時代背景に合わせてとても美しく表されていた。

時代に翻弄され続けた溥儀のなんとも言えない切なさで鑑賞後はぐっと胸に来るものがあった。ラストシーンのこの映画には合わないようなファンタジー感が、逆に切なさを倍増させた。

高校の歴史の授業での知識しかなかったから、溥儀がいた時代のことをもっと学びたくなった。また学んだ後だと映画に対する感想も変わってくるかもしれない。
紫禁城にも行きたくなる。

甘粕役の坂本龍一が色気たっぷりでかっこよすぎました・・・ペンを口で開けるシーンなんて巻き戻しちゃった・・・
教授の音楽も映画に凄くマッチしていて良かったです。
BS日テレ 録画
映画として面白い。
3時間半ダレることなく見入ってしまった。
>|