キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-の作品情報・感想・評価

「キタキツネ物語 -35周年リニューアル版-」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

35年前に公開された名作のリメイク。

個人的には…微妙。動物ものならドキュメンタリーで、「EARTH」や「オーシャンズ」に代表されるように当時を遥かに凌ぐ技術の作品が数多く存在する。だから、今回の作品を観てもあまり凄いと思わない。比べること自体がナンセンスというのも分かっているんだけどね。この作品には「リアリティ」をあまり感じない。いっそ台詞を無くすとか、思い切ってアニメにするとかした方が良かった気がする。オリジナルを観たことないから、よく分からない部分もあるんだけどね。「子別れ」の場面はこみ上げてくるものがあるけど、それ以外は…。民家にキタキツネが忍び込む場面、普通に考えたら民家の所有者の許可を得ないと撮影できないはず。犬だってそう。誰かに飼われているなら、撮影に使う場合は当然飼い主の許可を得ないといけない。スノーモービルに追われる姿もそう。だから、これが「自然な姿」かと聞かれると「?」がつく。よく出来た「ドラマ」だとは思うけど、「ドキュメンタリー」ではないと思う。

主人公のキタキツネ、やけにアツいキャラクターだなーと思っていたら佐藤隆太が演じていた(^^)。これは最高に良かった。他には平野綾が出演。「涼宮ハルヒ」シリーズは好きだから、彼女の出演も嬉しかった。

でも、この作品や「南極物語」のお陰で今の日本で動物ものがウケるようになったのは紛れもない事実。だから、観る時はちゃんと「RESPECT」の気持ちも忘れないようにしないと、と思う
scotch

scotchの感想・評価

2.8
オリジナル版はとても良かった記憶があるのだが…。
狐に声優をあてがったり、随分と短くなってたりと対象年齢をぐっとさげた印象。しかしそれが本当にいいことなのかは疑問符。小さい子どもたちの心に響いているとしたら良いのだが…
確かVHSで実家に保存してたはず、オリジナル版をまた見たくなった。
きつね かわいい
ヤラセ感がかなしい
馮美梅

馮美梅の感想・評価

1.5
オリジナルバージョンの完璧さに、これ以上、何を求めようとしてリニューアル版を作ったのだろう。

どれだけ新しくプリントし直し、編集したとしても、スクリーンの映像を投影して見ているのは、遥か35年前のあの風景と、あの曲の数々。当時、キツネたちの心情を表現した歌を、今作では実際にキツネたちの言葉として言わせている事の違和感。歌でいいじゃないか?当時全くセリフがなかったわけではない。最低限の言葉はあったけれど、今回のフレップもレイラも幼過ぎて現代的過ぎた。そして一見、残虐だと思われるシーンは殆どバッサリなくなっていた。言葉で伝えないと伝わらない時代なのか?残酷な死は、特に害獣として人間の罠にかかって死ぬ事は不都合なのか?チニタのシーンは35年経ってもやはり泣けてしまったがスクリーンを見ながら脳裏では「小さな翼」「グッドモーニングワールド」が流れていた。

やっぱ、オリジナルには遠く及ばなかった…
riekon

riekonの感想・評価

2.0
娘と一緒に鑑賞。
キツネに声をあてているので目が見えづらい子ギツネやお母さんのシーンにウルっときました。
スノーモービルに追っかけられたり犬と戦ったり大変な事が度々起きるので飽きなかったですね。
家族でじゃれ合うキツネ達が可愛かった〜。 ​
Dynarin

Dynarinの感想・評価

1.8
オリジナル版を見てください
キツネかわいい、景色も素晴らしい。