nam

ウルフ・オブ・ウォールストリートのnamのレビュー・感想・評価

3.5
「酒に女にドリッグの人の欲望がむき出しの衝撃の実話」

実在した証券マンのジョーダン・ベルフォートの異常なまでの半生をレオナルド・ディカプリオが熱演してます。

内容はタイトルからイメージするインテリな経済の話ではなく、証券の世界で詐欺紛いで大儲けして、女、ドラッグにどっぷりの人生をひたすらノリのいい音楽とテンポのいい編集で描いた作品です。まさに下衆の極みみたいなキャラクターたちが騒ぎまくります!

こんなにも人の欲望が全開な姿をなかなか生きててないなとも思ったので、そんな自分とは違う世界を垣間見る事ができる貴重な経験です!

レオナルド・ディカプリオがここまでやるかというくらい狂気に満ちたジョーダンを演じつつ、周りもまた異常でジョナ・ヒルもいい感じに狂ってます!
そして奥さん役のマーゴット・ロビーがTHEイイ女という具合に美しすぎます!

3時間近い上映時間を長いと感じるかはそれぞれですが個人的には長かったかなと。
ハイテンションな作品が好みな方にはオススメできるかもしれません。