ごんチキン

ウルフ・オブ・ウォールストリートのごんチキンのレビュー・感想・評価

5.0
※R18のお下品映画なので、レビューもアホな現役大学生(←重要)が考えた"お下品な内容"になっています
___________________

長時間&経済の話が難しそうという理由で避けていた本作…ようやく観ましたが、思っていたよりも最高でした✨
おい!札束持ってこい!!世の中カネだぁあああっっ!!🤑💴💴🤑

22歳でウォール街の投資銀行で働き始めたジョーダン・ベルフォート。巧みな話術とテクニックで業績を上げ、仲間と共に証券会社を設立する。富と名声を手に入れた彼は"ウォール街の狼"と呼ばれ、悪事にも手を染め始めるいうストーリー

Filmarksでは「下品、汚い、ゲスい、イカれてる」というレビューばかりですが、僕は正直に言うと、めっっちゃくちゃ好きなタイプの作品でしたっ笑!!
もともと、お涙なしの"ブッ飛び映画"が大好きなので、最初から最後までガッツリ楽しめました(^◇^;)
「R18でキツイ内容」ということは知ってましたが、このキツさが本当にたまりませんっ!!

カネ・ヤク・オンナ…なんでもありの"史上最高のゲスゲスパラダイス"、ヤクが欲しい?イカした姉ちゃんとハメまくる?それならカネだよカネ😏
もう欲望が丸出しすぎて、下品にも不快にも感じません…笑
レオ様のブッ飛び具合&悪口のオンパレードで、観てる側もストレス発散してるみたいで気持ち良かったです👍
こっちまで叫びたくなりますし…笑
レオ様の演技の賜物でした

そして、僕の好きな3大女優の一人 マーゴットロビー😍
心を射抜かれるほど美しい💘
しかもスッポンポンになっちゃうなんて、この世のすべてに感謝…(*´ー`*)
急に子ども部屋で「今はパンティ穿いてないの💕」とか言われると、そりゃあもう血眼になってガンガン覗きますよっ!全裸のマーゴットが寝る札束ベッドにダイブしたいですよっ!僕も男ですもん!
富も名声もある自分の前に、エロいブロンド美女が来たら「どうやって家行くか」しか考えないでしょ🤩

そんなレオ様とマーゴットが繰り広げる数々の夫婦喧嘩のシーンは、『ワンハリ』を観た人間としてはかなりおもしろかったです…笑笑

少しまじめな話をすると、本作は人間の欲望がポップに描かれているので、"欲の怖さ"は深く感じられません
だけど、それでも"お金の怖さ"を感じる人はいるかと思うので、「怖いor不快😱」か「おもしろい🤣」かは観る人によって変わります…(僕は後者)

劇中のヤク・セックスのように中毒性があって、定期的に観たくなる"スカッと映画"でした!
「野獣は一匹だけでいい、俺だけだ。」
こんなセリフ言ってみたい✨✨