unO

ウルフ・オブ・ウォールストリートのunOのレビュー・感想・評価

5.0
実在の人物であるジョーダン・ベルフォートをモデルに、ウォール街の投資銀行に入社するも世界的株価暴落「ブラックマンデー」による倒産の憂き目にあった彼が、そこで得たノウハウと野心からのし上がっていく様をレオナルド・ディカプリオ主演で描く、マーティン・スコセッシ監督作品です。

最高に刺激的で最高にエキサイティングな映画作品で、個人的にはスコセッシ監督の最高傑作です。『グッドフェローズ』で確立した、せわしないビートに伸びやかなエモーションを乗せて型破りな人生を描くスコセッシ節とディカプリオの怪演とのアンサンブルは、抜群のリズムとメロディーを併せ持つ極上のハードコアです。

虚実入り混じる口八丁手八丁で成り上がり、金にまみれ、酒に呑まれ、ドラッグに浸かり、セックスに溺れる。そんな背徳極まりない裸一貫での快楽絶対主義には共感の域を超えた力強い吸引力があります。これが俺の生き方だ、外野がごちゃごちゃ言うな、ファッキュー。スコセッシが描き続けるテーマの神髄がここにあります。