ウルフ・オブ・ウォールストリートの作品情報・感想・評価

ウルフ・オブ・ウォールストリート2013年製作の映画)

The Wolf of Wall Street

上映日:2014年01月31日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に投稿された感想・評価

ディカプリオの実演によるガルウィングの正しい開け方講座。

しかしまぁ、ご本人の顔が見るからに軽薄でいかにもって感じなのはさすが。あぁ、たしかにお前ならこういうことやりそうだなって、人を見た目で判断できる好例のような卑しくて下品な顔だった。
これが実話なんだねー。イカれてるわー。
lotus

lotusの感想・評価

3.8
テンポ感がすごすぎる。
素早く移り変わるシーン展開に早口なセリフ
ついていければ最高!ノリが合わなければ最低!
ずっとファックしてる映画

名演説だった
あんな上司いたら最高

結局金がすべて
こぎ

こぎの感想・評価

3.5
下品だけど次は何を仕出かすんだというワクワク感がある
主人公のクズさが良い
うど

うどの感想・評価

3.6
たのしい
見るドラッグ
イカレデカプリオ

このレビューはネタバレを含みます

●マスをかくって何のことだろうって思った
●全体の展開が早くて、どういう物語なのか分からずついていけなかった
●ペニシリン注射って何のことだろうって思った
●チャーリーとチョコレート工場を例えてる場面が出てきたりしてて、この映画と何か関係性あったのか気になった
●登場人物が多く、誰が誰なのか分かりにくかった
●登場人物にイケメンや美女が少なくて醜い人ばかりだったから見るに耐えなかった
●とにかくお金・薬物・セックスの印象が大きく残ってる。何の話なのかはよく分からなかった
●このペンを売ってみてって質問面白いなって思った。機転がきかせられる人なのか判断できるし、営業に繋がりそうだなって思った
●面白いか面白くないかでいったら面白くなかった。3時間無駄にしたなって感じ
●ディカプリオが最初の会社をクビになって就職した会社で最初に電話で巧みな話術で株を買わせる様子はかっこいいと思った。話し方というか巻き込み方みたいなのは学べることがありそうだと感じた
ここまで狂気じみた映画は、見たことなかったかもというくらい、とにかくヤバイ映画でした。

ファックの回数、クスリにどハマり、乱交と
はちゃめちゃすぎる笑

ディカプリオに合わせてこちらもなんかボルテージ上がった

ディカプリオ、こんな演技できるんだと脱帽しました。

ゴードン・ゲッコーとまた違うウォール街の悪党で、どちらも魅力的でした。
>|