ウルフ・オブ・ウォールストリートの作品情報・感想・評価

ウルフ・オブ・ウォールストリート2013年製作の映画)

The Wolf of Wall Street

上映日:2014年01月31日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に投稿された感想・評価

欲に溺れた男の盛衰。2回観ても相変わらず皆狂ってて異次元。「ペンを売れ」のシーンは言わずもがな、マーゴットロビーと初対面の時のドニーが大好き。FBI捜査官との対比も良い。
torut

torutの感想・評価

3.0
ネタ的に好きなジャンルだし、ディカプリオは最高なんだけれどそれだけ。
観た瞬間に忘れちゃうくらいの映画。
はな

はなの感想・評価

4.0
3時間あっという間な展開の速さ
ワンスアポンなんとか観ようと思って心臓をディカプリオに慣れさせようと思って観た。ディカプリオめちゃ早漏で焦った。
ガチでラリってるときのディカプリオの演技すごすぎる。
アリス

アリスの感想・評価

3.8
ウォール街で一気に成り上がって、そして落ちていくジョーダン・ベルフォートの実話を元にしたお話。

これまた頭おかしい役のレオ。好き。
プライド高くて脂ぎっしゅで嫌な男なのに、どこかセクシーで憎めないんだよなあ。

金とドラッグと女に溺れて、まさにザ成金になっていくジョーダン。話の展開が常軌を逸してて、まるで異世界のおとぎ話を観ているよう。あんな会社ほんとにあったの🤭嘘でしょって感じ。

ただ、電話のセールストークで株を売ってるとこに時代を感じるw今じゃスマホで買えるよねw

胸を叩いてウッウッ〜言うシーン
見事なセールストークで株売るシーン
飛行機でどんちゃん騒ぎするシーン
ドラッグやりすぎでおかしくなるシーン
最後の妻とのベッドシーン
ペンを売れのラストシーン
などなど、心に残るシーンがたくさん。
イカれた金持ちの映画
mary

maryの感想・評価

-
鑑賞記録
シュリ

シュリの感想・評価

4.5
「このペンを俺に売ってみろ」

私はこの言葉(多分こんなセリフ)から一気に夢中になりました。見たことない人は是非このシーンだけでも見てみて。多分感心して続きが気になりだすから
正直3時間一瞬でした。映画って見たあと感銘を受けたり心動かされるものばかりだけどこの映画はただただブラックコメディ?って感じ、主人公に感心させられるシーンは沢山あるけど人としておいおい!笑って部分も沢山ある。でも人ってそんなものだしその役をぴったりと演じるレオ様から目が離せない。ほんの少しだけこんなふうに生きてみたいって思わさせられた。。笑
私は大好きな映画です。もっかい観たい。
>|