ウルフ・オブ・ウォールストリートの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ウルフ・オブ・ウォールストリート2013年製作の映画)

THE WOLF OF WALL STREET

上映日:2014年01月31日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に投稿された感想・評価

ポポポ

ポポポの感想・評価

4.2
あっという間の3時間でした。
ディカプリオの演技に圧倒されました。
kiisa

kiisaの感想・評価

3.5
レオナルド・ディカプリオの演技が飽きさせない。うまい。ドラッグ&ファックな映画だから出先でスマホで視聴は避けた方が無難である。
るか

るかの感想・評価

3.6
金、ドラッグ、女の映画

レオナルドディカプリオって演技派!
三時間の長さを感じさせない編集の手際の良さよ!

僕も金融業界に身を置いてるワケですから、劇中のジョーダンベルフォード達のようにガンギマリ状態で仕事をしているのには親近感が湧きます。
ウソです。

しかし一年目の頃には大仕事の前にチェストソング?を真似てリラックスしたのは本当です。それくらい力のあるアクションですよねぇ。
更にアレがアドリブってのがまたスゴイ!

一応犯罪映画ですが、被害者の視点が全くないのは意図的ですよね。
リスクありまくりの人生だけど、メチャ楽しいぜ!お前らにはどーせこんな生き方できないだろうけどよ!的な。

ここにこそ映画という疑似体験装置の意義があり、我々パンピーでもこんな生き方楽しそう!でもやっぱり慎ましやかに生きよう。なんて思えるわけで。

青春モノ+犯罪映画にはよくある
犯行途中(或いは計画段階)がすごく楽しい→破綻、発覚→愉快な仲間達の解散、そして破滅がこれでもかと描かれてるのも好きなポイントです。

日本で一番悪いやつらとかその点が似ていて、たぶん僕はこの系統が好きなんでしょうね。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これほぼ実話なの?
ぶっ飛びすぎ
万人受けする映画だと思ってたけど
相当下品だから好き嫌い別れそう
面白いっちゃ面白いんだけど
同じ繰り返しでしつこさも感じた。
3時間と長いけどテンポはよくて
最後まで観れた。

金、ドラッグ、女
成金の成功と崩落話
限界を知らないと破滅する
大金持ったアメリカ人お金の使い方が
みんな同じ気がする
ジョーダンベルフォートはとにかくクズ

ただディカプリオの演技はすごい
natsuco

natsucoの感想・評価

3.3
若くしてカリスマ性があって頭も良くて面白かった。会社を退く判断が出来ていたら逃げ切れていたのかな。3時間もあった事に見終わってから驚く。
ディカプリオの実演によるガルウィングの正しい開け方講座。

しかしまぁ、ご本人の顔が見るからに軽薄でいかにもって感じなのはさすが。あぁ、たしかにお前ならこういうことやりそうだなって、人を見た目で判断できる好例のような卑しくて下品な顔だった。
レオ様もこんな役、演技ができる年になったのね。テンポのいい会話はとても良いけど3時間は長いわ笑

それにしてもアメリカ?はファックという言葉が好きね。この映画で何回出てくんねん笑
ぺい

ぺいの感想・評価

3.7
飽きずに観れた3時間でした。
あれだけ荒れてて
ほとんど人死にがないのは凄い。
ささ

ささの感想・評価

4.0
ディカプリオの演技にただただ惹きつけられた。
ドニーの窒息を助けるシーンが最高だった。

人の人生を騙してたった一度の人生をロックスターのように華やかに変えれてたとしてもこの人生は選ばないだろう。