ウルフ・オブ・ウォールストリートの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ウルフ・オブ・ウォールストリート2013年製作の映画)

The Wolf of Wall Street

上映日:2014年01月31日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

3.0
男の子は憧れる種類のカッコ良さ
大金稼いで、女侍らせて、ヤクでハイになって、セックス、クルーザー、プライベートジェットetc
成り上がることが目的の人生だったら彼はとても幸せなんじゃないかな。
彼の良いところは、周りも同じようにいい思いをさせてやろうとしたところで、
悪いところはそのせいで、周囲に迷惑かけてるところだと思う。
ディカプリオの演説は良い。
四元

四元の感想・評価

-
久々に脳味噌蹴散らされて最高の気分 言うならば糞を咀嚼してハイになる感じ 天下のスコセッシ様とプリオ様に降伏
m

mの感想・評価

3.7
勢いがすごい。カネ、女、酒、ドラッグの映画。面白いけど一度で満足。男の人は好きそう。
この男は商売人か、ペテン師かー

かつてウォール街の"狼"と呼ばれた伝説の男、ジョーダン・ベルフォードの栄光と転落を描いた伝記映画。

巧みな話術とカリスマ性で瞬く間にのし上がっていく様は気持ちよく、思わず株を買ってしまいたくなるほど。
ドラッグとセックスと金に清々しいほど溺れていくのも、何故かカッコイイとさえ思わせるのはやはり、ディカプリオの名演だからなのか。
やはり、スコセッシは天才だな。
Shirai

Shiraiの感想・評価

4.2
最後までちゃんと観たのは初めてだったが、論理もモラルもなくただただアガる作品、このディカプリオの演技は最高
栞

栞の感想・評価

3.0
3時間の割には観やすい!ドラッグお金セックス盛り盛りでアメリカンドリームって感じだった、そしてレオ様含めクソ野郎しかいない
naf

nafの感想・評価

3.7
いやーバイタリティにあふれた映画だ。ウォール街で金と女とクスリにまみれたクソ野郎の物語。もちろん才能も凄いが・・。
何もかも自分が蒔いた種なのに、何故俺ばかりこんな目に!と最後まで全然反省の色が見られないあたりが清々しい。自分の刑期を縮めるために仲間を売っちゃうところも卑怯だが、まああのレベルで刑期が変わるのなら自分もやっちまうかもしれんな。ドニーと二人で薬でラリって、ナメクジのように車へ向かったり二人で通じない会話をしてるとこでめちゃくちゃ笑った。そりゃー妻も逃げていきますわ。
ラストで地下鉄で帰宅するFBI捜査官の悲哀がちょっとカッコイイと思った。
もも

ももの感想・評価

4.0
本来であれば、金融・株といえば小難しいはずなのに、ただただ豪快で三時間という時間も飽きずに見られることができた。

レオ様のくそ野郎ぶりも◎。
あさみ

あさみの感想・評価

3.6
なぜレオ様この役引き受けたの...??
主役だから?それともラリってみたかったとか?まぁ楽しそうだったからいいか、というレオ様バカ。
とにかく3時間金・女・ドラッグでラリってんなぁという感想しか。
でも勢いがすごいので3時間なのに退屈はしなかったかな
ひたすら世の中金だなぁと思わされた

レオ様が最初と中間あたりでカメラ目線で観客に向けて語りかけてくださるシーンがあるんですがあれはもう最高
レオ様と会話してる気分になれるのでオススメです
あとマーゴットロビーって本当に美人だなぁと思ったのと同時にこの2人ワンハリでまた共演してるじゃないですか?こんな過激すぎる役で共演したのに次会う時気まずくならないのって俳優さんってすごいなぁと思いました。私は無理です
some

someの感想・評価

4.0
最初はぶっ飛び具合がすごくて見ていて飽きないと思っていたけどちょっとだけ3時間が長く感じた
でも株の話なのに(一応)観やすい映画だと思う👏
ペンを買わせる手法はなるほどと思った
レオ様の演技すごいな〜〜