ragii

アメリカン・ハッスルのragiiのレビュー・感想・評価

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)
3.6
映画の感想の前に一言。
クリスチャン・ベールってやっぱスゲー!!ハウルの動く城で声優したかと思ったらマシニストで幻覚みるぐらいガッリガリになった直後にバットマンビギンズでバットマン演じる為にムッキムキになってそこからも色々と役を経て今回はお腹ぽっこりでハゲた中年の詐欺師役

もう七変化どころじゃありません。
この辺りの役者魂は半端ありません!

ハゲたぽっこり中年にも関わらず、どこかセクシーなのも魅力です。

さてさて横道にそれましたが、映画についてはというと・・
これも秀逸な出来栄え。

詐欺師を使ってFBIが犯罪者と捕まえるってゆうよくあるプロットで内容もざっくり説明すると、みんながみんな騙そうとする化かし合いとこれもよくある感じ。

ですが、物語の核にあるのは主人公とその周りの登場人物の歪んだ愛の物語でそれが展開に大きく関わってきます。

登場人物にマトモな人がいなくてみんながみんなクセのあるアクの強いけれどもどこか憎めない不思議なキャラクターばかり
しかもそれを演じているのが何気に超豪華!

にも関わらずストーリー展開に派手な所はなく淡々と描いているので

そこがこの作品の面白い所でもあり、派手さに欠け万人受けしない所でもあります。

万人受けはしないですが、個人的には楽しめた作品です。