鷺宮テラス

アメリカン・ハッスルの鷺宮テラスのレビュー・感想・評価

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)
4.9
she was the Picasso of passive aggressive karate.

wasってのがイイ。

面白かったなー。脚本が素晴らしくていい台詞がいっぱいあったように思う。

キーになるのが"accent"で明らかに発音が安定しないキャラがいるのが中盤で理由がわかるようになっている。
それがタイトルにも連動しているのかと考えると秀逸過ぎてビビる。

ずーっと上司の氷上釣りの話の続きが気になって仕方なくなる笑

二人の女優の交互に活躍する演技は(イライラすることも含めて)言うことなしで、主演のクリスチャン・ベイルに至っては最高傑作だと思う。

人物の表情の撮り方、音楽も申し分なし。

惜しむらくは英語字幕がないこと。そこだけ減点。