マラヴィータの作品情報・感想・評価

「マラヴィータ」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

3.6
ノルマンディーの片田舎。証人保護プログラムで名前も住処も変えた元マフィア家族。デニーロはもーそのまんまなんですが、ミシェル・ファイファーはイタリア系には見えないなぁw 大人しくしてなきゃいけないのに家族それぞれが騒動を起こしてしまうところがおかしいw 町の映画鑑賞会で講義を依頼され「グッドフェローズ」で本物のマフィアについて語って絶賛され満足気なデ・ニーロw

ゴリラズのオフビートな「クリント・イーストウッド」の曲に乗って列車から殺し屋が降りてくる。なかなか楽し。
sae

saeの感想・評価

-
記録

NC(字)②
設定的には面白かった。けど、何度か観ないとイマイチかなぁ。
娘が強すぎて笑えた。
マフィア一家?万歳
ああして色んな所へ引っ越さなければいけないなんて、大変だ。弟は情報掴むの早すぎだし。
個人的にはすごく好きな映画。家族全員ワルでおもしろい。
nutaki

nutakiの感想・評価

3.7
FBI証人保護プログラムでアメリカからフランスの田舎町に引っ越して来た元マフィアの一家が繰り広げるドタバタ劇。
主人公のフレッドを大好きなロバート・デ・ニーロ。
マフィア役もコメディーもお得意。
たまにはシリアスな役で重厚な作品に出て貰いたいが、最近は数ばかりこなしているなあ。
70歳超えても色気があるのは流石。ちょっとスリムになればまだまだ!
妻マギーをミッシュル・ファイファー。綺麗です。
この夫婦、最強です。
娘役のディアナ・アグロンもとても美しい。
喧嘩強いけど、恋する乙女心も。
そして息子の4人家族+犬1匹。
家族が気の毒かと思いきや、フレッド以上にキレ易く暴力的な家族たち。
いじめられたら倍返し。
陰口叩かれたら倍返し。
暴力戦ありに頭脳戦あり。
まあ。殆ど暴力。
倍返しって観ていて痛快でスーッとする!
ざまあみろっ。ってなるけど、少々やり過ぎだよ。
FBI捜査官にトミー・リー・ジョーンズ。
いつもながら飄々としてる。
デ・ニーロとの2ショットはトミーの方が老けて見える。
眼の下のたるみがまた増えたような。

映画上映シーンは笑える。
ユーモアたっぷり。
『マラヴィータ』ってなに?
洒落てます、その意味。
答えはラスト近くに。Wikiは見ないでご覧あれ。

マフィアものらしくラストは血が流れます。
巻き添えになった方々、ご冥福をお祈りします。
そんなことは気にもしないで、呑気なラストが、またいい。
matsushi

matsushiの感想・評価

3.4
独特な設定と共に、家族一人一人の特徴をうまく描写して、コメディタッチに描かれたスリラーアクション作品

一風変わったマフィア映画?で、元マフィアのボスの家族に視点を置いた作品。
家族一人一人の性格、得意分野、苦手分野がわかりやすく描写されており、人物像が掴みやすい。奇妙な環境に置かれている家族が普通の生活をしたら、というもしも設定がとにかくコミカルに描かれる。

バイオレンス要素を含むシーンの随所に明るめのノリのいい楽曲を挿入するので軽いノリで見ることができる。
ママがスーパーを爆破するシーンはなかなか笑えた。

ただ、いつアクションシーンがあるんだと思ったらラスト10分ほどだけで少しがっかり。111分と2時間近くの中で、この設定なのに、それしかアクションシーンがないのは物足りない気がする。その肝心なアクションも、あまり見応えのあるものでもなく、少しモヤモヤが残る作品でもあった。

おそらく随所に転がる普通の生活の中でのマフィアの血が垣間見える瞬間を楽しむ作品だと思えば、面白い作品だと思う
元マフィア一家が住むフランスの町で起こる珍&大騒動。この親にしてこの子あり!の家族が笑える。デニーロ×スコセッシに絡めたネタもちりばめ、ベッソンならではのテンポの良さも相まって楽しい映画に。これもいいコラボだなー♪
>|