あーさん

ぼくたちの家族のあーさんのレビュー・感想・評価

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)
3.8
久々のDVD視聴。

息子が二人いて母親以外皆男という家族構成の、何とも言えないまとまりのなさが最初リアルで、どうなってしまうのだろう?とある意味ハラハラしながら観た。

女系家族にありがちな、とりとめのないお喋りなんて無駄とばかりにしないし、かといって肝心なことも言わない、本音を隠しているのはうちの男どもと同じだな。。
いわゆるかっこいい男は出てこない。しっかり者に見える長男は、実は何事も一人で抱えてしまうという弱点がある。
もっと周りに頼れよ〜
あ、頼れる人がいないのか。。
お調子者でいつも本音で好き〜に生きてると思われている次男は、本当は寂しがりやで甘えん坊。フラフラしているけどムードメーカーで癒してくれる存在。
父親に至っては大事な局面で息子達にすぐ頼る、情けない…一家の主としてはどうなの?というキャラだが、そんなダメな父親を母親は愛している。

誰も完璧でないそんな家族が母親のピンチを通して自然に助け合い、団結して強くなっていく。。
そうだ、男って普段はヘラヘラしてたり下ネタや冗談ばかり言ってるけど何かあったら絶対的な存在感出してきて頼りになるんだった!!捨てたもんじゃない!

敢えて悲劇や喜劇にしないで淡々と普通っぽさを前面に出しているからストーリーにも共感できた。

池松壮亮はやっぱりいいなぁ。。