さっちん

ぼくたちの家族のさっちんのネタバレレビュー・内容・結末

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

池松壮亮うまい。
普通にこんな子いそうだし、お芝居してます感が全然なくて、ナチュラルで‥。

ストーリーは、よくある闘病物や美しい家族愛の話とは違って、すごくリアルな家族の関係
を描いた話だった。

外側から見たら普通に幸せそうで、恵まれた家族にしか見えなくても、どの家族も、多かれ少なかれ、何かしら問題を抱えて
いるのかもしれない。

それにしても2人の息子の優しいこと。
お金の管理については、超ダメダメな両親だけど、子育てだけは成功してるよね。
我が家の子供たちは、私が倒れたとき、どーするんやろ?
あー心配。^^;

昔の家族のように密接した感じはないけど、それでも家族は思いあってて、いざと言うときは協力しあって‥‥、親が頼りなくても、その分、子供たちがしっかりして‥、きれいごとじゃなくて、リアルな家族愛を描いたいい映画でした。