ぼくたちの家族の作品情報・感想・評価

「ぼくたちの家族」に投稿された感想・評価

記録。家族とは何なんだろう。
sogagos

sogagosの感想・評価

4.3
2回目。

先の展開がわかってる分、序盤から作り込んである「家族感」にイチイチ気付いて泣ける。

自己意識とか現在の役割からすると一見バラバラな家族なようで、親父にもお母さんにも似てる兄弟2人。4人ともが絶妙。

それでもやっぱり1番は池松くんの弟で、正解のない世の中で、色々がベターな道に進んで本当によかったと感じる。
良い物語じゃないですか。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

4.3
平凡な家族に突然訪れた、母の脳腫瘍の発覚。そこから明るみに出る家庭の現実に、家族一丸となって必死で立ち向かう。

タイトルもジャケットもベタベタな感じがするけど、そんな軽いものじゃなかった。泣かせようとする映画でもない。

オープニングのあの感じで、名作は確信してたけど、すべての配役が完璧。

あまりに現実的なその内容に、ずっとボディブローを食らっている感覚。途中何回泣いたことか…。自分の立場になって考えさせられることが多くて。妻夫木くんの表情に涙。兄弟、そして兄嫁の決心に涙。自分は一家の主人のような父になれるかな。良い映画に出会えました。
jinko

jinkoの感想・評価

-
DVD鑑賞  
risa

risaの感想・評価

3.7
性格の違う男兄弟のキャラクターが非常に納得感があり、魅力的でした。
嫁に心臓を思いっきり、ギュてされる。
音楽は渡邉崇さん
「え?もしかして泣いちゃうの?泣いちゃう?やめてくれよー。涙腺が弱すぎんだよ、うちの家系は」

兎にも角にも配役が良い。エスペシャリー妻夫木池松兄弟。
SOR

SORの感想・評価

3.1
記録
ohchiyo

ohchiyoの感想・評価

-
この映画はきっと男の子の方がぐっと来るんだろうな。
池松くんの空気感がぴったり。
>|