ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

上映日:2014年05月24日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:117分
    監督
    石井裕也
    脚本
    石井裕也
    キャスト
    妻夫木聡
    原田美枝子
    池松壮亮
    長塚京三
    黒川芽以
    ユースケ・サンタマリア
    鶴見辰吾
    板谷由夏
    市川実日子

    「ぼくたちの家族」に投稿された感想・レビュー

    海を通る彼女
    海を通る彼女の感想・レビュー
    2017/01/30
    3.8
    記録。家族とは何なんだろう。
    織田
    織田の感想・レビュー
    1日
    4.8
    一番良かったのは実は長塚京三。
    あんなにだらしなくて情けない父親を、しかも長塚京三が演じていることで作品にリアリティが上積みされた。
    本当に我々からしたらこの親父(おふくろも)だめだな…と思うわけだけれど、妻夫木も池松も家族だから受け入れて付き合っていくしかないのである。

    人物に色々とバックボーンの描写はなされているが、潔く回想シーンはなし。
    前に、前に、前に。進むしかない。

    精度の高い脚本、演出に、役者の悲壮感が混じり合った素晴らしい作品だった。
    文句なしです。
    ともあき
    ともあきの感想・レビュー
    1日
    4.3
    ★映画館
    2014/11/14
    うる
    うるの感想・レビュー
    1日
    4.2
    A
    55
    石井裕也

    妻夫木○
    みちことば
    みちことばの感想・レビュー
    2日
    4.8
    みゆきさんがただただ可哀想でした
    優先されるべきは子供世代であり主人公長男の優先すべき家族はみゆきさんとその子供だろと思いました。親世代は自分で責任をとれと思います

    共倒れですよね。
    子供を巻き込むくらいならさっさと親世代は死ねと思います。
    高額の生命保険をかけて死ぬまで借金に苦しんで、死んでローンだけはチャラにするとかできないんですか?
    私なら子供に借金追わせるくらいなら死にます。
    というか、軽々しく保証人にはなるべきではないとおもいました
    自分で責任とるとかゆうてますけど孫にしわ寄せ行きますよね?しかもアリスとかゆうキャバ嬢と会うんですよね?
    こんなクズ男ありえないっすわ

    借金関係で離婚の夫婦まわりにゴマンといますし
    この幸せそうなラストはありえないです。
    あまりに現実とかけ離れてますよね。
    SzatosiKozai
    SzatosiKozaiの感想・レビュー
    2日
    3.5
    だいぶ前に観た。

    ところどころに笑いを孕ませながら、再生していく家族。災難と好機がテンポ良く配置されているため、かなり悲惨な噺なのに、後半はジブリみたいな爽快感がある。良くも悪くも丁寧な映画。アップで始まり、アップで終わるつくりは、あまり面白いとは思わなかった。

    ただ、石井裕也って人の人柄にあまり共感できず、イライラした記憶があるため、評価低めで。
    ahomiya
    ahomiyaの感想・レビュー
    3日
    4.1
    とても良い映画でした。
    俳優たちの演技が秀逸で特に妻夫木くんの泣きながら笑うシーンなど胸を打たれました。
    何気ない家族のシーンも含めこの俳優陣だからこそこれほど胸を揺さぶられる映画になったのだと思いました。
    一人一人が弱さ、思いやりを持っていて家族だからこそ見捨てることができない愛着を持っている、形は違えどどの家族にも共通したところがあるんではないかと思いました。
    個人的にはあんなに思いやりのあるかっこいいお兄ちゃんがいたらよかったなーと思ったり。
    家族だからこそ言えないこともあるだろうし、家族だからこそ見せられる本当の自分の姿があり、家族だからこそその人の本当の良さが分かる。
    家族というなんだかわからないけど特殊な特別な関係性が見られた気がします。
    なま
    なまの感想・レビュー
    4日
    -
    突然告げられたお母さんの余命。
    その日から、ぼくたちは奇跡を信じて動き出したー。


    この家族なんて、とっくにぶっ壊れてんだ
    aaao
    aaaoの感想・レビュー
    6日
    4.2
    家族
    kyoco
    kyocoの感想・レビュー
    6日
    4.0
    家族に会いたくなる映画。
    貯金の重要性を知る映画。

    平和な家庭を保つために一番本音押し殺して我慢してるのはきっと母親なんだよなぁ。

    池松の演技が高評価されるのは、妻夫木が完璧な長男役を演じきったからこそなんたろうけど。今までの池松作品の中でこの役一番名演技していた。

    星占いからエンディングまで涙涙涙。
    >|