ぼくたちの家族の作品情報・感想・評価

「ぼくたちの家族」に投稿された感想・評価

SHiNOBU

SHiNOBUの感想・評価

-
自主映画の豪華キャスト
普通の家族に降りかかる突然の母の余命宣告。
想像がつかないがありえる話なので、リアリティがある。
どの家族にも色々あるのねと思いつつ切なく鑑賞。
krk

krkの感想・評価

3.0
池松壮亮が最高
何で観ようと思ったのかが思い出せない……
teaserver

teaserverの感想・評価

4.0
母が告知を受けてから過ごした日々と重なって、色んな意味で泣けた…。
たまたま観た日が、母の死から、ちょうど半年だったことに不思議な縁を覚える。

一家の一大事に団結できるなら、いろいろあっても良い家族だと思う
KOU

KOUの感想・評価

4.5
ものすごく普遍的な内容とキャラクター達で、どうも他人事とは思えない作品。

母親が余命一週間と宣告されたことをきっかけに家族が結束する話。

”ぼくたちの家族”というタイトル通り、主人公はこの兄弟二人。
一見エリートに見える兄、それに対して母親にお金をせがんで生活しているダメな弟。
長男として一家を統率してるつもりの兄が実は実家にも、妻との間にも本当の意味での”家族”というものを持っていないこの気まづさと虚しさ。

学生という身分でまだ親に頼りっぱなしの自分の生活と将来必ず起こる事態を想定した時に、このままじゃいけないな、と素直に思わされた。良い。
ま胃

ま胃の感想・評価

3.0
私もだいじな日はラッキーカラー身に纏おう
困ったことが起きてしまったとき、また観たい
登場人物全員、どこにでもいそうで、どこかしら欠けていながら愛おしく感じさせる
>|