ぼくたちの家族の作品情報・感想・評価

「ぼくたちの家族」に投稿された感想・評価

なお

なおの感想・評価

4.5
池松壮亮の弟感がぴったり合っていて素晴らしかった!
さとゆ

さとゆの感想・評価

3.0
お父さんがお母さんの病気に明らかに戸惑って不安が隠せない感じがつらかった〜〜。池松壮亮が占い信じたり、お母さんとなるべく普通でいよって雰囲気がよかったことと、最後のシーンがお気に入り。
shoken

shokenの感想・評価

3.9
母の周囲の人たちが、性格とか根本的なところは勿論変わらないけど、一歩踏み出す感じというか、少しだけ変化する感じがよかった。

弟のあからさまな服装とすぐに白状する嘘にフッとなった。
ちい

ちいの感想・評価

3.6
記録!
17/10/15 DVDにて

「こんな時には笑おうよ」
でしか笑わなかった長男が
ラストで見せる本当の笑顔。
家族の役者さん皆んな 素晴らしいんやけど....スコッチ頼んで、童貞君の誘いを断る、市川実日子にもぜひ、ご注目を!
よかった
Yuina

Yuinaの感想・評価

3.7
実際にこういう家族いるだろうし、うちもこんな感じなんだろうなぁってすごくリアルだった。やっぱり希望を捨てない、諦めないって大切。
xxx

xxxの感想・評価

3.7
両親や兄の声聞きたくなった

ラッキーカラー身につけちゃう池松壮亮の破壊力たるや、、反則でしょう
配役がぴったりすぎる
Junkers

Junkersの感想・評価

4.0

良作。

どこの家族にも起こり得る問題。
命の問題なんて唐突に突きつけられるもの。

むしろ、テレビで流れる医療系ドキュメンタリーの方がフィクションじゃないのかと思えるほど、
この映画は普通で、良い意味で淡々と流れていく。音楽も含めて。
前編と通して狙ったお涙頂戴的なシーンも
無し。
それでも心に訴えかけられてウルっとくるトコはあるけど😂

一見すると母の病気によりバラバラだった家族が団結するっていう美談映画かな?とも思えるのだけど、決してクライマックスにむけてそこに突き進みますよーってのを全面に押し出した映画ではなかった。

お金の話のリアルさといえば、目先のお小遣い3万円をせびる次男に300万越えの借金を抱える母親。治療費の心配、長男の嫁が抱く心配。
この辺りはあるあるだろう。
そして会社絡みとはいえ、6千万のワードには「えっ?」ってなったけど、父親個人では借り換え1,200万か、ならありそうだな…戸建てだし。

って観てるこっちが経済状況の心配始めたり笑


まぁそれはさて置き、この映画が良作と思えた理由、それは俳優陣が素晴らしかったからだよねぇ。
どうしようもないダメ親父っぷりだけど憎めない、そんな役にはやっぱり長塚京三さんだったし、なにより池松壮亮くんの存在感がこの映画の良さを8割増したね。
それくらい彼は良かったと思う。
>|