ゆるせない、逢いたいの作品情報・感想・評価

「ゆるせない、逢いたい」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

2.0
複雑な感情をうまく表現して演じてるなぁと思いました。
友人を見守る女の子もとても良かった。
ラストも良かった。

どうも母親目線で観れなくてモヤモヤした。
『今までやってきたことが』って娘の為じゃなく「自分」が娘の為にで、今までの自分が崩れるのが嫌なんだなと思った。
でも、母親は娘を愛してるのは間違いないのだろう。

後悔と罪悪感と悲しみと苦しみが詰まった映画でした。
マオ

マオの感想・評価

2.0
ポスターに惹かれずっと見ようか迷っていたので見たけど少し後悔した。デートレイプがテーマのストーリー。
恋人同士でも、確実に好き同士でも、片思いされてても、相手の同意がない性行為はただのレイプでしかない。好きの感情がある相手だろうと、無理矢理は恐怖でしかない。「やめて」の意味は「やめて」でそれ以外の何でもない。
まだ恋愛なんて手探りの10代の2人だったしツライ事件。好きなのに、何でこうなっちゃうんだろう。
きっといつまでもあの時の彼の顔や痛みを思い出して込み上げる憎しみや恐怖と同時に、好きだった頃の気持ちや楽しかった彼との日々を思い出してしまって、許したいけど許せない、逢いたいけど逢えないこの気持ちがすごくしんどいだろうなと思うとツライ。
好きな人に暴行されるなんて想像を絶する苦しみを、10代で背負ったらもう何もかも怖くなってしまいそう。

お母さんが厳しくなければあんな些細なすれ違いから事件に発展することはなかったかもしれないけど、お母さんの娘を守りたいという責任感や必死な気持ちも理解できる。
そして、若い頃の新木優子が出ててびっくりした。目が全然開いてないなんだか眠そうな顔で初々しかった。
あー、柳楽優弥。
もどかしい。
まずこれがデートレイプと呼ばれる事例だと初めて知った。
好きな人、親しい知人に無理矢理って経験はないが、何よりも母親が自分の母親と似過ぎていた事で沢山共感出来る物語だった。

一人娘、または長女に対する母親の異常な程の子離れしない感じ…愛してる大事に育てて来たつもりかも知れないが、過保護や過干渉では済まされない、ただの母親の自己愛でしかない。
躾は厳しくして来たとしても、せめて思春期ともなれば、恋をする娘を温かい目で見守り、好きな人が出来たんだと娘の口から母親に打ち明けてくれる様な母娘関係を築いてあげないといけない。

芽生えた小さな恋を大切にしたいがあまり、厳格な母に壊されてしまう事を恐れて嘘を着いたり、思い出の詰まった携帯を自ら真っ二つに割った少女の気持ちが痛いほど解る。
私の場合は門限は勿論、風呂の度に携帯をチェックされ、発着信履歴が毎月書面で郵送され、この番号は誰なのかと問いただされるレベルだったから、非通知でかけてもらったりワン切りにしてもらったり母親に精索されない工夫していたのを思い出した笑

少年が孤児だと打ち明けた別れ際、少女は何も言わず胸に抱き寄せ母性で包んだ。
その帰宅後に母親に携帯を見せろと言われ、結果唯一の連絡手段を自らの手で壊し連絡が途絶えた。
少年からしてみれば、孤児だと打ち明けた瞬間から連絡が途絶えた訳で、嫌われたと思い込み仕事でも少女の家の近くを避けていた。
一方少女は偶然会える事を信じて公園のグランドで待つ日々。

夜道待ち伏せた少年がやっと会えた時、少女は母親と一緒だった為、母親に気づかれない様に素通りして一旦家に入るが少女は飛び出し少年を探した。公園のグランドで再会出来たものの、話をする前に少年は少女に身体で募った思いをぶつけてしまった。

相思相愛の二人だったが、少女は行為自体に抵抗して嫌がった上の処女喪失だった為、娘の話を聞く事もせず母親の独断での通報と被害届によりデートレイプとして扱われてしまった。

少年は必ず少女を送り届け、走る少女を応援してグランドをナイターで貸し切ったり、段ボールを見てほっとけないと言ったり、古本で売れば100円になるよ。とか…柳楽くんの表情も上手すぎるけど悪を感じない本当に純粋な少年だった。

なのに何故レイプしたのか…

私には理解できてしまった。

少年は孤児。両親に捨てられた事から始まる人生を歩んで来た。それを知った少女は涙ぐむ少年を母性で包み込んだにも関わらず、音信不通からの無視…
少年からすると突き放された感覚を持ってしまっても仕方ない。
好きだからやってしまった!
そう対話で言った気持ちは真実だと思う。

少年の未熟だった部分は一つだけ。
乱暴に処女喪失させた事ではない。
再会した瞬間に少女の口から話す【言い訳】を聞かなかった事。
抱きしめて解散した直後に携帯を割る事になった事と公園で待っていた事。
それを聞いて納得しない少年ではなかった筈だ。

硬派に育てられた少女からすると母親に洗脳されてる反面、男に乱暴された、好きなら何であんなやり方…って思ってしまうのでしょうね。

母親に家庭内暴力を受け続けても屈さず、洗脳されずにひたすら反発して対立し続けて17で実家を出た私なら
余裕で【許せる。】
むしろ其れ程の思いを自分勝手な行為でも痛かったとしても受け止める。だからレイプと思わない。なんなら到底理解出来ない母親を捨てて駆け落ち。

結果若くて純粋でしかなかった二人を、ゆっくりゆっくり大切に進んでた恋を、好きだとお互いに伝える前にすれ違わせて引き裂き、こんな思いをさせたのは、少女の母親でしかない。娘の過去も未来も台無し?!にしたのはあんたですから!

子供は親から見ればいつまでも子供かも知れないが、自分の分身でも無ければ鏡でもない。自分の思い通りにいく訳もない。自分の理想を押し付けてはいけない。特に思春期の恋に関してだけは一番尊重して素直で純粋な人を好きになる気持ちを親の手で潰してはならない。

柳楽くんの演技力に持って行かれたのも有るが、ラストは涙が止めどなく溢れて枕がびしょ濡れになった。

携帯さえ割らずに済んだら(=こんな母親でなければ)この恋は実った。

自分の子供には絶対にこんな思いをさせたくない。
br16uno

br16unoの感想・評価

3.5
主演2人が最高です。
最後の15分よきです。
なんともゆえへん気持ち、考えさせられます。
苦しい。とにかく苦しい。
でも、個人的に好きな映画
まい

まいの感想・評価

3.6
柳楽さんみたさで観賞。
みき

みきの感想・評価

-
恋心はわかったけど、母親に全てを知られる気まずさ!


みんなが突然おっきい声出すから音量調整が大変だった #イヤフォンで鑑賞
嫌いだけど、どうしようもなく、好き。ラストシーンが苦しい。
>|