コスもん

マイティ・ソー ダーク・ワールドのコスもんのレビュー・感想・評価

3.5
アベンジャーズの一員として、世間に認知された、後のマイティ・ソーのお話。

ソーは、神話の世界の人だから、神の世界と、地球を行き来できるのだけど、私からすると、神の世界での話は、規模が壮大すぎて、建物が壊れても、地面が裂けても、あまりピンと来なくて、そういうシーンをながながとやられると、ついつい眠くなります。
やっぱり、ヒーローは地球のピンチを救う姿がかっこいいですからね。
地球での戦闘シーンはリアリティあって熱いですね。
マッチョなソーが街中で繰り広げる、肉弾戦はめちゃくちゃカッコイイです。

以下、ちょいネタバレですが、

ソーの弟のロキは、相変わらず、キーパーソンとして、物語をあらぬ方向へガンガン動かしてるし、アベンジャーズでは、洗脳され敵方に加担していた博士も、本作では無事に洗脳が解け、ズボン履かない変態になってカムバックします。

そして、本編を一瞬で覆すような、ラストのオマケ映像もあり、最後まで気がぬけません。

本作は、アベンジャーズのウルトロン編を見る前に、ぜひ、観ておいて下さい。