マイティ・ソー ダーク・ワールドの作品情報・感想・評価

マイティ・ソー ダーク・ワールド2013年製作の映画)

Thor: The Dark World

上映日:2014年02月01日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

「マイティ・ソー ダーク・ワールド」に投稿された感想・評価

‪◼︎前作から引き継がれた荘厳なイメージと人間臭い仕草との対立という良心的な部分の断片は見受けられたものの、やはりプロットが先行している所が気になる。兄弟の確執を描くにも、コードを外すことも必要だと思うのだが。
m

mの感想・評価

4.0
フェイズ1マイティソー観るはずが手違いでダークワールドから鑑賞。ロキ好きすぎる。
usk

uskの感想・評価

3.8
ロキ〜!
梅斗

梅斗の感想・評価

3.2
トリックスターとしてのロキが良い立ち回り。
misa

misaの感想・評価

3.9
マイティーソーほんとに面白い!
やっと第2フェーズに突入。
これを観ると、ソーは地球に来て、人間として(神だけど)本当に成長したね、うんうん、という気持ちになる。

アベンジャーズの時、なぜナタリーポートマンを出さないんだ😡と思っていたけど、こちらはイギリス、あれはアメリカということなのね。
そして、それをテレビで観てたという設定は秀逸だなぁ。
ナタリーポートマンってスターウォーズシリーズにもマーベルシリーズにも出ててなんかすごいなっていう謎の羨望の眼差しで見てしまう。

この作品はロキが憎めないと言われている所以がよく分かる。
でも彼にはいろいろなシーンで騙されるので気が抜けない。
tuntun

tuntunの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

信用ないロキかわよい
souma

soumaの感想・評価

3.0
“Trust my rage.”

実はフェーズ2の頃にMCUに一度飽きて
以降はほとんど観なくなった時期があるんだけど
そのとき最後に観たMCU作品がこれだったような記憶。

当時観たときは
つまらなかった印象しか残ってないので
もちろんストーリーなんてほとんど覚えてない。

ちなみに
MCU復帰したきっかけはスパイダーマンHC(2017)。
今思うと完全にスパイディーほいほいだったな自分。笑

というのもあって
この間の作品群は、ごっそりリアルタイムから抜けてて
MCUを再び追っかけ始めたときも
時系列関係なくバラバラに観てるから
わりと内容もあいまいな作品が多かったりする。

◆レビュー
時系列はNY決戦後。
戦犯のロキはアスガルドで拘束されている状態から始まる。

今だからこそ楽しめた気がするけど
それでもやっぱり他の作品に比べると微妙な内容だったかな。
作品全体の設定がふわふわしてる。

なにより、敵の設定が前回と同じ過ぎて既視感がすごい。
(1作目と連続で鑑賞してるから余計に)


・前作
敵は、オーディン(ソーの父)が撃退したフロスト・ジャイアント。
フロスト・ジャイアントの「古の冬の小箱」がすごいパワー持ってるよって感じのストーリー。

・今作
敵は、ボー(オーディンの父)が撃退したダークエルフ。
ダークエルフが持ってる「エーテル(リアリティ・ストーン)」がすごいパワー持ってるよって感じのストーリー。


やっぱりめっちゃ似てない!?笑
あまりにも使いまわし感を感じる。。。
それに、結局ダークエルフの見せ場っぽい見せ場があまりないのも
前回とよく似てる気がする。

ダークエルフのすごさよりも
惑星直列による時空のゆがみの描写が多くて
そっちに意識が取られてしまい
戦闘の凄さがイマイチ伝わらない。

それにリアリティ・ストーンをエーテルっていうのも
視聴者を混乱させてるだけな気がするし
エーテルのパワーを表現する描写があまりないのもがっかりポイント。
エーテルって結局なんだ?って感じ。

やっぱりソーの作品ってなにやっても
結局ソーとロキの兄弟ケンカの話にしかならなくて
それ以外の見どころが薄いんだよね。
ロキファンでなければ、やはり残念感ある作品。


でも、ロキがキャプテン・アメリカに変身したシーンは
いまだからこそ、ご褒美シーン。

あと、作品冒頭で早々に浅野さんがリストラされて笑った。
>|