クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)の作品情報・感想・評価

クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)2013年製作の映画)

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

2.6

あらすじ

『クローズZEROII』から1カ月後。滝谷源治、芹沢多摩雄らが卒業し、新年度を迎えた鈴蘭高校では、空席になった“頂点”の座を狙って、新3年生達が次々と名乗りをあげていた。頂点に最も近い男・強羅徹(柳楽優弥)、そのライバルと目される高木哲次(KENZO)、5人衆を束ねる寺島聡司(遠藤雄弥)、お調子者を装うキレ者・小岐須健一(勝地涼)。しかし2人の男の登場によって、鈴蘭の勢力図は大きく変わる。「自由…

『クローズZEROII』から1カ月後。滝谷源治、芹沢多摩雄らが卒業し、新年度を迎えた鈴蘭高校では、空席になった“頂点”の座を狙って、新3年生達が次々と名乗りをあげていた。頂点に最も近い男・強羅徹(柳楽優弥)、そのライバルと目される高木哲次(KENZO)、5人衆を束ねる寺島聡司(遠藤雄弥)、お調子者を装うキレ者・小岐須健一(勝地涼)。しかし2人の男の登場によって、鈴蘭の勢力図は大きく変わる。「自由気ままに生きたいだけ」と頂点争いに興味を示さない3年の転入生・鏑木旋風雄(東出昌大)と、本能のまま好戦的に暴れる新1年生・加賀美遼平(早乙女太一)。およそ接点が無く対照的な2人が、やがて鈴蘭史上最大の抗争の中心人物になっていく―。 一方、鈴蘭の近隣校・黒咲工業高校を束ねる柴田浩樹(岩田剛典)は、暴行事件でドロップアウトした藤原一(永山絢斗)の存在に頭を悩ませていた。バイクチームO・D・Aのリーダー織田政志(柳俊太郎)とともに、周辺の不良高校生達に次々と襲撃を仕掛ける藤原。その真のターゲットは、柴田率いる黒咲と、近隣最強と謳われる鈴蘭高校だった。鈴蘭内部の一大抗争に加えて、外部勢力から侵攻…いままさにクローズ史上最大の戦乱が始まろうとしていた。

「クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)」に投稿された感想・評価

kitaba

kitabaの感想・評価

2.5
GYAOで視聴

う〜ん、スケールダウンかな…
役者今活躍してる役者ばかりですが、ゴチャッとした割には前2作比べると内容がちょっと薄いような。

源治達が卒業して原作の坊屋春道が転校して来る間の話かなと思いますが、リンダマンくらいしか原作に残ってないのかなと。
詳しくはわからないので、適当なこと言えませんが、そうなるとこうなっちゃうのかな〜。

ラストのバトルもアッサリ感が…
でも、シリーズ通して見比べてみるのはいいかも。
過去に見たクローズを汚した稀に見るゴミ名作
み

みの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

クローズゼロ、クローズゼロ2を見ていたので鑑賞。

東出昌大がこういう役をするのに違和感あったけど、背も高いし見栄え良くて良かった。
前の2つとはメンバーが変わっていてキャラが色々面白かったけど、リンダマンがそのままのはずなのに何かキャラが違ってて??だった。
まい

まいの感想・評価

2.4

前作までが良すぎたから
イマイチだった。
一体感がないというかなんというか。
柳楽優弥は好きだけど、いまいち残念なキャラ。
ん~微妙・・・だね。
監督が変わったのでキャラや世界観の作り方が変わってる
リンダマンのキャラに少し違和感

ダメな部分を上げると結構あります
まずZEROの一か月後が舞台・・・?とにかく無理がある。もう少し時間を空けたほうがいいと思う。一か月後なのにZEROのみんなの説明が全くない。
さらに鈴蘭の一体感がない。友情が薄く見える。銭湯のシーンとかまぁいいんだけど、そのほかは喧嘩するだけ。
ストーリーのいい部分を無くして、すべてアクションで終始もってきてい
る。
ZEROの二作の出来があまりに良かったので期待したが見事裏切られた。
>|