クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)の作品情報・感想・評価

クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)2013年製作の映画)

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

2.6

あらすじ

『クローズZEROII』から1カ月後。滝谷源治、芹沢多摩雄らが卒業し、新年度を迎えた鈴蘭高校では、空席になった“頂点”の座を狙って、新3年生達が次々と名乗りをあげていた。頂点に最も近い男・強羅徹(柳楽優弥)、そのライバルと目される高木哲次(KENZO)、5人衆を束ねる寺島聡司(遠藤雄弥)、お調子者を装うキレ者・小岐須健一(勝地涼)。しかし2人の男の登場によって、鈴蘭の勢力図は大きく変わる。「自由…

『クローズZEROII』から1カ月後。滝谷源治、芹沢多摩雄らが卒業し、新年度を迎えた鈴蘭高校では、空席になった“頂点”の座を狙って、新3年生達が次々と名乗りをあげていた。頂点に最も近い男・強羅徹(柳楽優弥)、そのライバルと目される高木哲次(KENZO)、5人衆を束ねる寺島聡司(遠藤雄弥)、お調子者を装うキレ者・小岐須健一(勝地涼)。しかし2人の男の登場によって、鈴蘭の勢力図は大きく変わる。「自由気ままに生きたいだけ」と頂点争いに興味を示さない3年の転入生・鏑木旋風雄(東出昌大)と、本能のまま好戦的に暴れる新1年生・加賀美遼平(早乙女太一)。およそ接点が無く対照的な2人が、やがて鈴蘭史上最大の抗争の中心人物になっていく―。 一方、鈴蘭の近隣校・黒咲工業高校を束ねる柴田浩樹(岩田剛典)は、暴行事件でドロップアウトした藤原一(永山絢斗)の存在に頭を悩ませていた。バイクチームO・D・Aのリーダー織田政志(柳俊太郎)とともに、周辺の不良高校生達に次々と襲撃を仕掛ける藤原。その真のターゲットは、柴田率いる黒咲と、近隣最強と謳われる鈴蘭高校だった。鈴蘭内部の一大抗争に加えて、外部勢力から侵攻…いままさにクローズ史上最大の戦乱が始まろうとしていた。

「クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)」に投稿された感想・評価

終わらない、テッペン争い。
Haruka823

Haruka823の感想・評価

2.2
主役の演技がちょっとやばかった。
Sayon

Sayonの感想・評価

2.1
小栗くんと山田孝之のクローズが最高だったよなって改めて感じた。
でもヤンキー映画好きだから何回も観ちゃう。

音楽かっこいい。
ラストの決闘の主旨がわからない。
東出こわくない。
全然ダメ
東出の声と目つきが、悪に徹しきれてない。いい人感が出てて、コイツヤベェってカリスマ性がなかった。
本作で逆に小栗、山田コンビのクローズの出来の良さを痛感する作品でした。
ぺー

ぺーの感想・評価

2.4
東出昌大が不良役合ってなさすぎる。
セリフも微妙だし、ラストのタイマンのシーンも酷すぎる。あと終盤、決闘を申し込みにいった次のシーンで子ども達と関わるシーンってどゆこと!?イメージがボロボロ。あと結局誰が悪なのかブレブレでスッキリしない。前作は結構好きだったので残念!
FunWave

FunWaveの感想・評価

2.0
なぜこのキャストなんだw
無理ありすぎだろw
のら

のらの感想・評価

2.0
クローズ ZERO 2 のひと月後を舞台に始まる新世代の物語。

滝谷や芹沢などの 23期生の卒業後の話という設定だが、キャスト陣は一新され前作に出てきた 24,25期生が一切登場しないなど作品の継続性を一切感じない作品になっている。

特に主人公を演じる東出昌大が不良特有のギラついた感じがない上に、成り行きで鈴蘭に転入してきたので何をしたいのかわからない。序盤で父親が誰かに暴行されて死んだ事を示唆するインサートが入り、父親の死と因縁がある人間が鈴蘭にいるのか?と思いきや、中盤で父親はボクシングの試合で亡くなった事が明かされる。その為鈴蘭のテッペンを取る決意をするシーンも、成り行きや思いつきで決めたようにしか見えず、不良映画にありがちな燃える展開にならない。

また主人公のライバルになる早乙女太一演じる加賀美も、基本的に父親の暴力団の金魚の糞でしか無く小物感しか感じない。逆に鈴蘭の No.1 の強羅を演じた柳楽優弥や、本作の敵となる藤原を演じた永山絢斗はいい味を出しているが、基本的にサイドストーリー扱いで、結果ボスキャラのはずの藤原を倒すのが東出昌大ではないという謎展開になる。

これの何が拙いかというと、前作から続けて登場するやべきょうすけと高橋努の二人が勤める中田オートが暴力団の奈良岡によって地上げされ、奈良岡の手下である藤原と加賀美放火されるというエピソードがある。しかしそれに対する落とし前がしっかりされて無く、奈良岡の結末もラストで産廃規制法で逮捕されたという新聞記事で処理されるだけで、前作にあったような見終わった後にスカッとする展開が無い。

全体的に台詞もダサく、特に決め台詞も棒読みだし、主人公の東出昌大の滲み出る育ちの良さが不良物としての魅力を削いでいる。みんなが見たかった物は柳楽優弥が主人公のクローズだったのでは無いだろうか?
>|