パッションの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「パッション」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.5
監視カメラ

野心家のクリスティーンは、狡猾さと大胆な行動力で会社の重役へとのぼりつめる
部下のイザベルは、最初はあこがれの存在だったクリスティーンに手柄を奪われ、同僚の前で恥をかかされた上に、恋人にも裏切られたことから、クリスティーンに対して殺意を抱くようになり……

フランス映画をブライアン・デ・パルマ監督、レイチェル・マクアダムス&ノオミ・ラパス主演でリメイクしたミステリーサスペンス

キス

女って怖すぎ!
あの手この手を使って
でも楽しめました

ラストにあっと言わされる展開
で、結局どっちなの〜
THE ENDまでが凄かった

映像も変わってる
中盤から一気に暗くなった印象

2人がエロい感じでした
goyangi113

goyangi113の感想・評価

3.8
女の嫉妬、羨望、狡猾さ、裏切りを全て網羅した作品だと思います!
私も女だけど、本当に女は怖い!
仕事がデキる女性同志の嫉妬に対してのバトルだと思っていたら…それだけではない。嫉妬や嫌がらせの域を超えたサスペンス。
しかし、この上なく“嫌なヤツ”だけど、それでもレイチェルがおしゃれで可愛いすぎる…
まる

まるの感想・評価

2.0
女は怖いです。キャリアウーマンの女間のドロドロを怖いもの見たさならお勧めします。
往年のカットや長回しのデパルマ健在です。全てこの部分の評価です。
だが前半の段取りを踏むのが細かすぎてとても退屈過ぎます。
どんでん返しが6転7するので感心しますが。内容は面白くないですね。
アイダ

アイダの感想・評価

3.3
よくわからなかったけど面白かった気がします

目的を見失ってやしないか
愛を得る手段ってそれでいいのか
キャリアウーマン達の出世争いと復讐劇。
騙し騙される、嵌めたと思ったら嵌められて。
いや〜、怖かった怖かった。
女は怖いなあ。
torakage

torakageの感想・評価

2.3
緊張感のないサスペンス。クリスティーンがかわい美しすぎて全然悪役感なし。イザベルは花なし。イザベルの秘書役はエロめのジュリエットピノシュかと思った。
『パッション』鑑賞
ブライアン・デ・パルマ監督作品、レイチェル・マクアダムスとノオミ・パラス主演映画。会社の上司と部下という関係。部下の手柄を独り占めする上司。上司に憎まれる部下。上司に嫌がらせを受ける部下。復讐を抱く部下。部下と寝たい部下。いろんな関係が引き起こす殺人。なんか分かりきってる展開を見せてくれる😅でも最後ら辺からよく分からん。なんだ⁇ってなる。結局最後はどうなったのか。
広告業界を舞台にした、キャリアウーマンたちの出世争いと壮絶な復讐劇を描くエロティック・サスペンス。デ・パルマ監督の原点回帰的野心作。画面分割にどんでん返し、そして女の嫉妬と情念と性…世界観を満喫。新型スマホ・オムニフォンの広告"ケツカメラ"。広告代理店コッチ・イメージ社。監視カメラのリアリティーショー。バレエ"牧神の午後"。スカーフ。双子の姉妹。睡眠薬Somax。「その口の利き方、改めて」
yuki

yukiの感想・評価

3.8
公開時劇場で。

デパルマによる「ラブ・クライム」のリメイク。
アシスタントの性別や人間関係など設定はちょくちょく違うけど、ストーリーはかなり忠実にオリジナルをなぞってる本作。上司と部下の女の権力バトル、愛、競争心、コントロールフリーク、完全犯罪。

ラストはサニエちゃんのオリジナルのがいいなと思ってたら、デパルマっぽさ出してその先を描いてきた本作のオチも好き。

クリスティンとイザベルのやりとりに終始し、何考えてるのかよくわかんないイザベルを描いてる前半はおとなしめだけど、残り1時間切ってからはデパルマ節炸裂でクリスティンがイザベルを呼び出した時のあのカットは最高。アングル最高。光の使い方もよくて不穏さが出てる。このあたりからスイッチが入り映画自体もおもしろくなってくる。

犯人、被害者、キーパーソン、濡れ衣、きちんと着地。
レイチェル・マクアダムスはミーンな役が似合う。