まーしゃ

恋人はセックス依存症のまーしゃのレビュー・感想・評価

恋人はセックス依存症(2012年製作の映画)
3.8
確かにセックス依存性の人の話だけれども、邦題を期待して観ると、的はずれの内容となってしまう。グウィネス・パルトロウのお宝シーンはあるがw

依存性がある人々の群像劇ですが、意外にも良かった、日本人にはできない?メンタリティである、皆の前で、本当の自分の告白する、皆は傾聴する。そして励まし合う。

Thanks for Sharing

タイトルがピッタリです。
人生は旅のようなもの、時には目的地を見失い、迷うこともある。
そんな時でも、誰かに話をして、共感して貰えると、何か元気が出てくる。異性の友達でもいい。

ありのままの自分を認めて、感謝の気持ちを忘れずに、歩き続けていけば、道はきっと開けるーそんな想いにさせてくれる作品でした。

ニールも、最後に貰えたマイクの彫る石の言葉は良かった。

SURRENDER, IDIOT!
(愚か者よ、降伏しろ)