いとしきエブリデイの作品情報・感想・評価

「いとしきエブリデイ」に投稿された感想・評価

もう一回見なくっちゃ
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
6

6の感想・評価

3.8
将来家庭を持つ時のことに思いを馳せた。
最後のカットと音楽がとても良かった。
全てはこの日のために。
毎日が辛くても、諦めそうになっても、切なくなっても、全ては収束点へ向かっている。

家族の成長、あたたかさを感じた。
挿入曲が◎
ひつじ

ひつじの感想・評価

2.5
予告でみて気になって鑑賞。

退屈だった。
otom

otomの感想・評価

3.8
人間の5年間を視覚的に表現すべく、撮影に5年を費やす。考えてみれば北の国から的な気もしなくはないが、ある種の重みを表現する事は成功している気がする。非常にウィンターボトム的ではあるし、ひかりのまち辺りのナイマンサウンドで心地良く鑑賞。良作。
kumi

kumiの感想・評価

3.5
淡々と日常を映し出しているようで
それぞれの登場人物の内面を絶望とともに
見せつける手法はマイケル・ウィンターボトム監督ならでは。
本当に、こういうのは上手い。

ウィンターボトム作品をみると
毎回若干落ち込むけれど
マイケル・ナイマンの曲に救われる。

皆がそれぞれ心の深い部分に沈殿しているものを
隠して内包している。
父親が服役中の家族を5年をかけて描く。四人の子供達は実際に兄弟で成長していく姿がそのまま見える。ほんの僅かな父との時間と父不在の日常が交互に描かれる。子供達も母親も寂しさに折れそうながらも前を向いて生きる姿がいい
>|