naoto

her/世界でひとつの彼女のnaotoのレビュー・感想・評価

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)
4.1
二度と見ないように気をつけていたけれど、好奇心に負けてしまいました。

よく出来ていて悔しい。この映画を手放しに褒められない自分に腹が立ちます。

私にとって(皆にとってもでしょうが)切実なあのリアリティを笑いとばすにはまだ早いようです。

次に『her』を見るのは30年後かな。

愛を語るほど愛から遠ざかっていくものなんで大人しく口を紡ぐことにします。

私なんぞの語ることはセオドアとサマンサの短い愛の歌に及ばない、というほかないのです。


(^ν^)(^ν^)(^ν^)(^ν^)(^ν^)
みんなのレビューを読むとむず痒くなりますね。