Risa

her/世界でひとつの彼女のRisaのレビュー・感想・評価

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)
3.8
映像:⭐️⭐️⭐️
音楽:⭐️⭐️
ストーリー:⭐️⭐️⭐️
泣ける:⭐️
笑える:
怖い:
ためになる:⭐️⭐️⭐️⭐️

「siriは恋をするの?」ってsiriに聞いたら、「それにはお答えできません」って言われた笑

siriは恋をしないかもしれないけど、この映画の中の人工知能サマンサは恋をする。

その相手は離婚を控えて心が不安定な男性セオドア。

2人は互いに支え合い、時にヤキモチを妬いたり、さながらリアルな恋人のよう。
しかも性的快感も覚える。(このシーンが長すぎて困った

全体的に静かにゆっくりと進んでいくこの映画。特に自分の中でヒットしたわけではないけど、色々と人工知能について考えさせられた作品。


技術的特異点は2045年と言われている。
つまり、あと30年も経たないうちに、コンピューターが人類全体の能力を遥かに超えるということ。

この映画が具体的に西暦何年頃を想定しているのかは分からないけど、おそらくこの2045年前後。

現実世界の人工知能はこのサマンサみたいに感情を持つのか…
際どい質問は全部かわしてくるsiriとか、子供に囲まれてなされるがままになってるpepperを見てると、そんなこと想像もつかないけど、もしかしたらありえるのかも。