sobayu

her/世界でひとつの彼女のsobayuのレビュー・感想・評価

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)
3.0
電車男みたいな話かと思っていたら真逆で、主人公は一度は幸せな結婚をし、別にその嫁と死別したわけでもなく、才能を生かす職につき悠々自適に暮らしている。何というか凄いリア充が恋と仕事にちょっとだけ臆病になっちゃった☆程度にしか見られず、はーこっちの僻み根性で映画すら真っ直ぐ見れないとは不況って嫌ですね!
と荒んだ気持ちになったりならなかったりしつつ、もっとフラットに見ることができたらエターナルサンシャイン的ないい映画だと思えただろうに。

ラストへ向けて、osの彼女は結局持ち主好みのリアクションをしているに過ぎないという現実を突きつけてくるのかと思いきや、彼女は本当に人格があり、その上でああするしかなかった..という方向に進んでいくので、随分男側に都合のよい話だなーと思った。美しい思い出になったろうね!

そして本当に彼女に人格があったのだとしたら、彼女の側からしたらまるで人魚姫みたいな話だと思った。