おーつ

her/世界でひとつの彼女のおーつのレビュー・感想・評価

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)
4.7
OSとの恋という狂気じみた恋愛の中に存在する無償の愛。彼は異常者なのか?
いや、そもそも(恋愛に通常なんてものがあるのか定かではないが)通常の恋愛だって十分に狂気じみたものなのではないのか?

最初は人工知能搭載OSにサマンサという名前をつけて、離婚調停中の男が恋をしていく過程はさすがにヤバさを感じました笑
まだ世界に入り込めなかった事もあるし、今の自分で例えればsiriに恋をするような事ですし。

スカーレットヨハンソンでしたっけ?すごい美しい声でしたね。

観ていくうちに肉体がなくても満足しようとする2人(1人と1機)?の関係はプラトニックで美しい恋愛劇へと変わっていくんですよね。
映像も終始カラーが暖かくてうっとりする。

そして離婚調停中の妻が出てくる事で「人間」の男女の恋愛の本質を描く事で、
OSとの違いを観客に示しているんですよね。

アイディア勝負だけで終わらなかった傑作SF恋愛映画でした。