び

her/世界でひとつの彼女のびのレビュー・感想・評価

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)
-
私たちも日常の会話で、リアル/リアルじゃないという言葉を使うけど、大切なのはリアルか非リアルかではなく、その喜びを他ならぬ私が謳歌できるかどうかだと感じた。その喜び、その記憶が、私たちを形作っている