her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

4.5
感情が豊かな色彩に乗って伝わってくる、音楽まですべてを楽しめる作品です。
ふと、自分に重ねたり観終わってから少し考えことをしたくなる一作。
2019.9.18 吹き替え視聴完了。

ある人から良かったとのことで
見始めたが私にはそれほどでもなかった。
ただ面白いと思ったのは
日本人とはいろいろ違う所。
思いやりの部分や仕方が異なっていて
ある意味すごく参考になった。
Misaki

Misakiの感想・評価

4.4
賛否両論あるかとは思いますが、個人的にはものすごく好きな映画だった!
この機能(AI)を犯罪に使ったら〜〜、もっと別のことに使ったら〜〜、辻褄が合わないんじゃないか〜〜、世界がAIに支配されてしまう日は近いのではないか〜〜、等この映画の趣旨の恋愛以外のことに気を取られてしまうときっとこの映画は全く楽しめないだろう。
しかしひとつの純粋な恋愛映画だと思ってみると本当に心を揺さぶられる良い恋愛映画だと思った。
実態はなくても心で恋をしている、相手のことを想う、しかし現実は変えられない、とても苦くて切ない気持ちになった。
そして近未来のLAと、情景にぴったりな音楽、サマンサの言葉選びと言葉遣い全てが心地良い。
久しぶりに満足な恋愛映画!
余談ですが、日本の撮影地少し使われてますよね?
Junkin

Junkinの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

かなり異端なラブストーリー人間とOSが本気で恋に落ちる。
近い未来本当にこんなことが実際に起こるのでは、ないかと思わせる内容だった。人間がaiに仕事を奪われていくように、AIの知識が人間を超えてしまった時の切なさ、そして最後は別れがある。これは人間のラブストーリーあるあるをふんだんに詰め込み視聴者は共感せざるおえないやはり、王道に大きな1アイデアは大切だ。スパイクジョーンズの才能の凄さには感動しかない。
chipiro

chipiroの感想・評価

3.8
彼女を好きになる気持ち、わかる気がする。
sunomono

sunomonoの感想・評価

4.5
自分ってなに
Shun

Shunの感想・評価

3.0
言葉が素敵でロマンチック。
OSとのハード面での物語に目が行きがちだが、意外とリアルライフの関係性が上手く描かれてて好意的。妻とのお話し合いや言葉選び等はリアル感があり、やはりそれがOSとの非リア感との対比になってて良かった。
残念なのはOSとの性表現。エロアニメ聞かされてるかのような冗長と感じる部分がいくつかでこの点数。
もりほ

もりほの感想・評価

3.4
切ない。
かの

かのの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

多分わたしこういう、静かで綺麗で、バッドエンドではないけど切なさが残るSFが好きなんだな。
写真の代わりに思い出の曲を作るシーンがお気に入り。音楽って本当にその時の景色が蘇ってくる。
がんこ

がんこの感想・評価

3.7
なんだろう、ちょっと将来のこと想像すると怖くなった
>|