her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカー…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
スパイク・ジョーンズの映画ほんとムリ
優

優の感想・評価

3.8
めっちゃしょうもなさそうって思いつつみたけどおもしろかった。 サマンサはあんまり好きちゃう。
SHUN

SHUNの感想・評価

4.3
最初から最後まで脚本が素晴らしすぎる。あとこういう手の映像と好きです個人的に。
最初は「AIと人間の恋」というテーマが荒唐無稽のように思えたが、現代のAIの進歩を考えると、そんなに現実離れした話でもないかもしれないと思った。
AIとのベッドシーンは「ブレードランナー2049」でも出てきたが、VRのエロゲなんかもある今、ゆくゆくは普通になっていくのかもしれない。
テクノロジーを考えさせられる、綺麗なラブストーリーでした。

もう1点。音楽を担当しているArcade Fireがいい味出してる!
どっかの記事で読んだけど、「電子音と生音が融合した曲を使うことで、本作のテーマを引き立たせている。」らしい。なるほど。
forest

forestの感想・評価

4.5
映画館でも鑑賞しましたが、『ブレードランナー2049』や『ラースと、その彼女』を観て、見返したくなって…。

いろいろなことが公開当時よりずいぶんと現実味が出てきましたね。
恋愛に限らず、自分に共感してくれる存在がそばにいてくれるのはとても羨ましい。このOSが実際にあったら、私も手に入れているだろうな。デバイスもこのサイズがいい。

スパイク・ジョーンズ。どうして私の好みの音楽や映像をそう出してくるの?ずいぶん昔からPVを作っている頃から好きでした。
映画館で涙が出てきたのは、エンドクレジットの中にセンダックとアダム・ヤウクの名前を見つけた時。ちょうど二人ともサマンサのように私たちの世界からどこかに行ってしまった。今回よく見ると一番上に名を連ねていたのはジェームズ・ガンドルフィーニだった。また涙。

エイミー・アダムスがとてもかわいい。クリス・プラットもいた。
そして映像を撮ったのはホイテ・ヴァン・ホイテマ!やられた。
Koichiro

Koichiroの感想・評価

3.4
OSとの恋愛とかそのうち現実になりそう
切ないシーンが多かった
shoheidon

shoheidonの感想・評価

3.0
人肌恋しい
tama

tamaの感想・評価

3.7
主人公がコンピュータのOSと恋をする話。近未来の設定としてはよくあるものかもしれないけど、その世界観を壊さないように映像作りが丁寧にされててよかった。音楽も良い。
>|