her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカー…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
スパイク・ジョーンズの映画ほんとムリ
OSと恋、超現代的な映画でした。
メールや情報を伝えてくれるだけでなく、自我を持っていて楽しくおしゃべりできるOS。奥さんとうまくいかなくなり事実上離婚、心に傷を負った中年主人公はそのOSに恋をする、、

全然いい映画だと思うのですが、主人公がどうしても気持ち悪かった(すみません)のとOSが暴走しすぎでついていけなくなってしまいました(>_< )
デート?笑だって、はたから見たら1人だし...でもそんな時代も来てしまいそうだからさらに怖い(^-^;

でもでも、ラストはよかったと思うし、何よりスカヨハさん、声だけなのにすごい演技上手だな~と思いました。
主人公のつらい気持ちに共感できる人はより楽しめそうです。
人工知能に恋する話

スカーレットヨハンソンの声が凄く良かった!笑い声がハスキーで好きだなぁ
詩的な映画。セリフはもちろんのこと、映像もまたなにかを同時に語っていた。

世界はただ物質的に存在するだけではなくて、その世界を見る人の心境が反映されるものだと思う。充実感に満ち溢れていれば世界も色づいて見えるし、反対も然りだ。そんな誰もが共感できるであろうエモーショナルな世界の移ろいを、そのまま映画に落とし込むことに成功したのが本作だ。とにかく編集がうまくて、ただ人を写すのに終始せず、街並みやなんてことはない物のカットを織り交ぜて、セオドアとサマンサの心情が反映された"世界"をうまく表現している。

サマンサは身体を持たないから映像には決して映ることはないのだけど、カメラの写す光が、彼女の存在を感じさせてくれる。それは街の灯りだったり浜辺の太陽だったり。淡い光が逆光で差し込み、画面いっぱいに溢れたときの多幸感は素晴らしい。

未練のある男が主人公という時点で正直自分には刺さりまくる。

詩的で抽象的な分、一回観ただけだとうまく整理できず言語化できない部分があるが、とにかくエモくて、素晴らしい。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.9
なんか、終わり方がいきなりで悲しかった( ; ; )けど、、、素敵!!

ざっくり内容としては「近未来で起こる人間とコンピューターの恋」ってかんじのストーリーです。

人は恋をする時、外見や上辺で判断しちゃうことが多いけど、コンピューターには美人もイケメンもなくて、ましてや一緒にデートに出掛けることも出来ない。コンピューター側からしたら、(担当の人間の)メールの内容も些細なイライラも起きてから寝るまでのその人の事を全部知ってる。それなのに恋に落ちちゃうんでしょ?!?!そんな事ってあり得る?!

要するに、お互いの考え方や物事の捉え方に惹かれ合ってるって事だもんね。素敵。これが理想の恋じゃないか❗️

それにしても、最近映画の中の女性のイライラシーンに共感しすぎて大変。笑
talbo1109

talbo1109の感想・評価

2.5
うーん、途中まで良かったんだけど、なんだか入り込めなかった。
ちょっとぶっ飛びすぎ?中々激しかったです。
Chica

Chicaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

恋愛映画苦手やけどちょっとSFチックやから観てみようと思って観たけど、やっぱり苦手やった。

なんかほんまに将来ありえそう。
ただ数百股かけられてたら嫌やけど(笑)
りえ

りえの感想・評価

3.1
まぁまぁ。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.9
映像の美しさ、登場人物の服装がおしゃれで、雰囲気は抜群に好み。

ストーリーも興味深かったのですが、後半になるにつれ、私には難解でした。再び鑑賞したら、もう少し自分の考えもまとまる気がします。

AIの存在が、寂しさを癒す存在になるかもしれないというのは、自分もよく考えますが、やはり違和感はあるなぁと。この違和感が何なのか追求すると、それもまた曖昧、、、。愛の形は曖昧で、定義もなくて、そもそもがぼんやりしたものなのかもと思いました。

遠くない未来を予感させるというか、否定も肯定もできないからこそ、深く考えさせられる物語でした。
>|