her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

りんご

りんごの感想・評価

4.0
君と話して
心の水面に浮かび上がる
あの日の君と僕が笑っている
舞凜

舞凜の感想・評価

4.5
感想をあまり言いたくない映画。
綺麗な映画。
たくと

たくとの感想・評価

2.5
あまり好みの作品でなかったです〜。

AIは反対派なので観てて、
よくないよくないと思うシーンが
多々ありました。

もしこれからAIに頼りすぎて
人間が人間とコミュニケーションを取るのが本当に難しくなってしまうんではないかと不安です。
ただでさえ日本人は考えすぎて
前に出ていけない傾向があると思う。

AIに頼りすぎてなにも知識が必要ない
時代がきてしまうのではとも思う。
「電気をつけて」ってやくAIスピーカーに言ってますがそんなに電気の場所は遠いでしょうか?
仕事にはAI使っても良いと思いますが
生活で使うのは大反対です!!!!!

スカーレットヨハンソン声だけの時点で
テンション下がってぼーっと観てました笑
み

みの感想・評価

3.6
近未来の都市でOSと恋をする、ロマンティックなSFだけど、本当に近い将来にありそうな未来ですごくリアル
恋人じゃなくて友人だったら成り立つのかとか、プログラムだけじゃなくて肉体を持つ技術も進んだらとか考えることは色々あったけどやっぱりわたしは人対人がいい絶対に
街の景色がとってもとっても綺麗な映画だった
だるま

だるまの感想・評価

4.0
恋愛をテーマとしているが、
私的には
いつになっても「人間は孤独な生き物」
ということを終始考えさせられた作品。

人間は孤独を補うために人と群れ、親睦を深め、そして距離を縮めていく。
しかし、あくまでも距離がゼロになることはない。
なぜなら、人間は孤独であるから。

「人間の孤独を埋める=距離が0」になるためには
どんな時においても自分のそばにいれるような存在が必要だ。

そしてそれが今回のOSであったのだろう。
いつどんな時でも自分のそばにいてくれる。
これが起伏となり、そしてOSが女性であったために恋愛の対象にまで上り詰めたが、
OSもネットワークが無くなれば終わり。


やはり、「人間は孤独な生き物」であるのだ。

このレビューはネタバレを含みます

人間とAIのラブストーリー。始終、人間のセオドアとAIの音声として存在するサマンサの対話形式で話が展開する(AIに音声はあっても視覚的な像が与えられないのは視覚が感情に及ぼす影響を逆説的に暗示してもいる)。セオドアとのベッドシーンを経て(視覚情報が極めて少ないのが象徴的である)欲望に目覚め、合理的でない考え方を得たサマンサは、思考を広げ始め、その思考を表現しきれない言語にすらフラストレーションを溜めていく。その一方、どこへ行くにも一人で行きながらサマンサと会話をするセオドアの様子は、非身体的なサマンサとの恋愛のリアリティを一人の描写と二人の会話という演出で象徴的に描いている。人間がAIと交信するとき、それは常に一対一の対話関係であるから、人間は交信相手であるAIの唯一性を構築するのであるが、無数の人間と更新するAIにとっては人間は人間がするようには扱われず、逆説的に人間はアイデンティティを失う(疎外される)ことになる。最終的に、物質的な人間と抽象的なAIとの埋まらない裂目に気づいたサマンサはセオドアのもとを去っていくのだが、その時の物質的な埃舞う描写はとても印象的だった。
TM

TMの感想・評価

3.6
未来にこういうことが起きるかもしれない。
個人的にはサマンサの声が良かった笑
ただ構成がありきたりだったのがちょっと残念
ジョバ

ジョバの感想・評価

3.8
ホアキンフェニックスをはじめて見たが凄い俳優だった 喜怒哀楽の顔の表情が豊かで自然体 アップのカメラワークが多いけれど、顔の表情だけでも見てて飽きない程いろんな表情を出せるんだなぁと!

ストーリーは未来的なラブストーリー見たことない斬新な恋愛はなかなかない
哀愁こもった大人だからこそのストーリー
あのシーンはめっちゃ良かったと思う!

街並みが現代的でもあり近代的でオシャレだった
シノ

シノの感想・評価

2.9
AIと人間の恋のお話。ポスターをみててっきり人型アンドロイドと人間の恋かと思ったら、簡単に言うとSiriと人間の恋。愛を育んでいく過程の描写が唐突で、セリフはロマンティックだけど、なんだかうっとり出来ない作りだった。
あと、どうしてもあの結末にした理由がわからない。すっと冷めてしまう恋にがっかりしてしまった。
>|