her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカ…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

他人の目やら、変なプライドやら捨てて、愛せばいい。
だけど、それって中々捨てられない。
何もない、ただ二人だけの世界があればいい。

光と陰 昔と今
ロボット(AI)と人間
幸福とどん底

制作意図よりも進化してる、これが起こるから怖いところ。全てのAIがヒューマンフレンドリーなわけではないだろうし、実際ロボットの進化とかAIの誕生とかスピードが速すぎて怖いと思ってしまう。人類の歴史、生物の歴史として積み上げてきた本能のような生物的な部分と無機質な存在が相入れなくて…扱い方も制御が可能かもまだ怪しいし


偶然やけど最近ルーニー出てる映画見過ぎ。笑
都

都の感想・評価

3.5
声に恋する映画。
スカーレットは声だけでもセクシー。
オチはSF好きは想像つくけどよし。
生身の人が一番信用できなくて、一番信用できる。恋は社会的に受容された狂気であるがパワーワードすぎ。
Mika

Mikaの感想・評価

2.2
エッチなシーンがすごく長くて嫌な思いをしました
印象が強すぎました
ringo

ringoの感想・評価

3.7
記録。
>|