her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカ…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

Know

Knowの感想・評価

2.5
ながらスマホ危ない
りか

りかの感想・評価

3.8
スカヨハのハスキーがかった声にやられます。
あいう

あいうの感想・評価

3.2
作中ずっと、考えた人すごい、って思ってた
いつき

いつきの感想・評価

1.5
異様すぎてまったく共感できひん
こんなの恋じゃない!!
みとみ

みとみの感想・評価

3.5
色使いと世界観が好みで、
2人が惹かれあえばあうほど苦しくなって
何この素敵な恋愛映画、、、!
とか序盤は思ってたのに
見れば見るほど頭がおかしくなってくる。

わからない。わかるけどわからない。
次元が違いすぎる。とか思うけど
これが近未来なのだとしたら
シンプルに気持ちが悪い。
そのうちAIと不倫して離婚とか
あり得るってこと?
やっぱり頭おかしくなりそう

それにしてもあんなに暖色似合う人いないんじゃないかってくらいオレンジが似合ってるセオドア。
カラーもの着こなせる男性素晴らしい。
yaeko

yaekoの感想・評価

3.7
世界観は好き。
近い未来こうなっていくんだろうな、と期待しつつ、人間と人間が向き合う世界のままで良いとも思う。
hall

hallの感想・評価

-
まさかって思うあらすじやけど、あながち現実になりうる可能性あるから否めない。
A

Aの感想・評価

3.5
これほどまでに人間らしい会話ができ、しかも利用者の人柄やペースに合わせてくれる人工知能OSができたら、コミュニケーションが苦手な俺みたいな人間は寂しさを紛らせることができるかも。でも、正直それを気持ち悪いと思うところもあるんだよな。現に、そう強く思うシーンも度々あった。
でも、人間ってそもそも何かしら気持ち悪いところを持ってるもんだと諭されているような内容でもあった。
時雨

時雨の感想・評価

4.0
トップレベルに切ないし案外すぐこんな世界訪れそう
>|